Sally's High Tension

六甲最高峰
0

     令和元年最後の4人組は、久しぶりの六甲最高峰。今回のコースは私は初めてで、瑞宝寺公園前バス停〜瑞宝寺公園〜筆屋道〜魚屋(ととや)道〜六甲最高峰(昼食)〜宝殿橋バス停。ミニグルメは、具材を分担してのおでん鍋だ。

     2019.12.27(金)、阪急芦屋川駅のバス停でNGさんと合流。やって来た8:38発山口営業所前行き阪急バスに乗車すると、Tさん、HGさんと合流。空いていたので座席をゲット。しばし車窓の風景を楽しむ。あいにくの曇天も展望台を過ぎるころから小雨が車窓を濡らし始めた。

     9:10、瑞宝寺公園前バス停に到着するとすぐに出発。横手の階段を上り、公園を目指す。住宅街を抜けて5分で瑞宝寺公園に到着。
     

     東屋で雨対策を施し、「癒しの森」方面に向けてスタートした、9:26。

     雨は気になるほどではなかったので傘はポケットへ。雑木林を抜けると有馬川源流に出てくる。

     途中、「太鼓滝」を覗き、左岸の山道へ戻ると、ゆるい傾斜を登り始めた。

     途中、右岸に渡り、しばらく川沿いに登っていくと前に大きな堰堤が現れた。が、先を行く山道が不確かになる、9:54。少し戻って対岸に山道を見つけ、左岸に渡る。
     

     急坂階段を越えた先で山道が流木で塞がっていた。幸い横手に山道を見つけたのでなんとか先に進めた。

     3人が喫煙がてらの小休止。私はゆっくりと先へと進んだ。少し先に展望デッキが見えたのでそこまで登り、

     私も小休止、10:10。数分して3人がやってきた。
     

     「ここで休めばよかった。」と、3人。ここの道標には瑞宝寺公園まで10分となっていたが、登りとはいえ45分かかっていた。魚屋道までは25分らしい。再出発、10:16。

     しばらく登りが続き、魚屋道に合流、10:45。30分かかった。3人はここでも喫煙の小休止に入った。私は3週間前に痛めていた右足がまた痛み始めていたので、小休止は取らずにゆっくりと先へ歩き始めた。

     数分歩いたところで、痛みがかなり増してきた。騙しだまし歩いて2度ほど足を止めたが、
     

     正面に「迂回路」の張り紙のあるバリケードが現れたので、ここで3人を待つことにした、11:10。

     台風の影響でこの迂回路はこの先にも1ヵ所あった。
     

     やがて石畳の山道となって一軒茶屋にやってきた、11:35。かなりの強風がアラレの混じった小雨と一緒に吹き荒れてきた。気温もかなり下がっているようだ。小休止のあと、最高峰手前の東屋でリュックを下ろした、11:40。

     先着の女性ハイカーが1人いたが数分で下山していった。気温は2度。強風なので体感温度は氷点下だ。我々は防寒を厳重にし、鍋の支度を始めた。

     TさんもHGさんも分担以上の量を持ってきていたのでかなり満腹に…。そういえばNGさんの分担が鍋に入っていない。聞いてみると分担のことは知らないという。私の送った分担メールが届いていなかったようだ。(というより、そもそもTさんとHGさんだけに送っていたことを後になって気づいた。)
     

     


     食べ尽くしたころには強風も収まり、下山開始、13:45。車道をぶらぶらと歩いた。右足の痛みは随分と治まっていた。

     宝殿橋バス停に到着、14:20。30分ほど時間をつぶし、やってきたバスに乗車。このままJR芦屋駅まで行き、以前入ったことのある天ぷら屋に入り、無事下山の祝杯をあげた。

     みなさん、今年1年、お疲れ様でした。初日の出登山までに足の痛みが取れればいいけど…。

     

     

    | sallynote | 山・4人組 | 20:56 | comments(0) | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE