Sally's High Tension

七兵衛山(六甲)
0

     世間が新型コロナウイルスにヤキモキしている時期にも関わらず今月の4人組は、梅の花見も兼ねていつもの「七兵衛山」へ。コースは、JR住吉駅=(くるくるバス)=エクセル東バス停〜住吉道〜五助分岐〜打越山〜七兵衛山(昼食)〜保久良梅林〜岡本梅林〜阪急岡本駅。今回は黒五谷ではなく打越山経由で七兵衛山へ登ることにした。

     2020.2.28(金)、JR住吉駅で4人が揃うと、南側の2号線、“くるくるバス”JR住吉駅前バス停へ。今回も9:26発のバスに乗車した。

     9:40、エクセル東バス停で降りるとすぐに出発。東へ進んでT字路を左折。すぐに山道となる。5分で白鶴美術館からの登山道との合流点を通過。平たんな住吉道をのんびりと歩いた。

     するとヘリの爆音が右手進行方向の上空に現れた。何やら金属の柱状のものを2本ぶら下げ、打越山近くの鉄塔付近で下ろすと北の方へと飛び去った。しばらくしてまた金属柱をぶら下げてやってきた。どうやら関電の鉄塔の建て替えをしているようだ。

      五助の分岐にやってきた、9:55。(右に行けば打越山へ)

     (ヘリが近くまで・・・)

     ここで歩き支度を整えた。ここから右手の打越山へと進む予定であったが、ヘリが飛び交う下を歩けるのかどうかを関電らしき人にTさんが確認したところ、通れないとのことなのでいつもの黒五谷へ回ることにした。

     五助ダムを越えると木道を渡って住吉川左岸へ。歴史を感じさせてくれる石畳の山道がしばらく続き、黒五谷への分岐手前で右へと続く細い山道に入った、10:16。1分ほどで本来のコースに合流。右へと打越峠を目指した。途中5分の小休止を挟み、ゴルフ場への分岐を通過、10:31。

     ヘリは5分サイクルで飛んできていた。打越峠に近づくにつれヘリの爆音が大きくなってくる。金属を叩くような音も聞こえていた。

     緩く登り続けて打越峠にやってきた、10:42。ここは休まず左手の七兵衛山山頂への山道に入った。

     最後の急坂を上り詰め、無人の七兵衛山山頂に到着、10:48。荷を下ろすと一列に横並びで座り、一息ついた。

     乾杯を終えるとミニ宴会の始まりだ。ほとんど風がなく寒さに悩まされることはなかった。

     住人と化したいつもの猫が、今回もおすそ分けを期待して横に控えていた。

     食べつくしたところで下山開始、15:23。今回は梅林目当てなので金鳥山を目指した。東方面から降りると、木漏れ日広場から森林管理道を進み、風吹き岩からの山道に合流すると、

     すぐに金鳥山の展望所へとやってきた、16:12。

     小休止の後、さらに下って保久良梅林へとやって来た、16:30。五分咲きといったところで、紅白の梅が可憐に咲いていた。

     

     

     

     さらに山道を下って児童公園までやってくると本日の山歩きは終了だ。ストックを片付けると、いつもの餃子店で最後の〆の乾杯を。

     みなさん、お疲れ様でした。

    | sallynote | 山・4人組 | 19:02 | comments(0) | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE