Sally's High Tension

<< 市章山(六甲) | main | 七兵衛山(六甲) >>
箕面
0

     

     2月の山グルは、箕面。昨年11月にマダムと歩いたコースと全く同じだ。その時期は伐採工事の関係で一部通行止めになっていて、猿の群れに遭遇した怖い記憶がまだ新しい。通行規制が解除されたとはいっても不安が消えないそのコースは、箕面駅〜西江寺〜聖天展望台〜こもれび展望所〜雲隣展望台〜箕面大滝〜箕面駅。

     2020.2.23(日)、阪急塚口で指定された電車に乗り込むとTさん・HGさんに合流。十三、石橋で乗り換えて箕面駅へ。参加者10人が揃うとすぐにスタート、9:58。大滝への参詣道には行かず、右手にある“四大字水利組合”の石碑の水路を左折。直進していくと西江寺へと入った。

     本堂の左を通り抜け舗装された遊歩道を緩く登ると約10分で聖天展望台にやってきた。ここで歩き支度を整えた、10:15。


     いったん車道に出てヘアピンカーブ先の山道へ入ると、約7分で「風の杜」だ。改修工事で駐車場に入れないようガードがあったので、左手の迂回路に進んだ、10:28。山道は整備されていて歩きやすかった。
     

     迂回路は、「風の杜」の反対側にある駐車場へと入る導入路の入り口まで続いていた。ここまで珍しく先頭を歩いた。

     すぐ先の分岐は左側の舗装道へと入った、10:57。しばらくはだらだらと車道歩きが続く。

     やがて通行止めバリケードがなくなった左手の山道へと入った、10:57。3ヵ月前に歩いたコースなのでここも先頭を歩いた。後ろとの距離が開かないようペースを落とし気味で歩きながら、3ヵ月前に聞こえてきた猿の鳴き声に注意していたが今回は聞こえることはなかった。

     (切り株への落書き)

     やがて分岐にやってきた、11:10。ここは右へと進み、
     

     2分ほどで無人の「こもれび展望所」に到着、11:12。リュックを下ろすと一斉にグルメの支度が始まった。今回は「かす汁」だ。

     私の分担は「里芋」だった。初めての皮むきは惨憺たる出来上がりで、鍋の仕上がりを早めるためレンジでチンしてきたのだが、時間不足だったのかゴリゴリ食感でかなり不評を買った。最後の〆でうどんが入るころになってようやく柔らかな食感になっていた。全体的に根菜類がゴリゴリ系だったが、ほぼ完食して片付けが始まった。

     記念撮影を終えると下山開始、13:30。来た道を戻り、T字の分岐まで戻るとそのまま直進。猿の軍団に遭遇した場所を通過。もう獣臭も残っていなかった。一旦車道まで降りてくるとそのまま進んで、駐車場のようなスペースの先からまた山道に。そして雲隣展望台へとやってきた、13:43。

     ここも3ヵ月前にみた糞だらけの展望台ではなく、普通に食事もできる綺麗な休憩場所に戻っていた。すぐ左の山道をしばらく下ると、車道へと降りてきた。

     トンネルの手前で、本日初めての猿に遭遇。

     トンネルを抜けると大滝まで一気に下った、14:11。

     帰りは左岸の上り下りのある山道を歩き、地獄谷〜姫岩を通過し、右岸へ渡るとあとはダラダラと歩いて箕面駅に到着、15:13。ここで解散。

     いつもの3人組はいつもの中華店で無事下山の祝杯をあげました。

    | sallynote | 山とグルメの会 | 20:01 | comments(0) | - | - | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE