Sally's High Tension

<< 山田道(裏六甲) | main | 焼石ヶ原(西宮) >>
甲山1週(甲山)
0

     

     2月の山グル(荒地山)で散々な思いをし、先月はガベの城を下山でなく登るということで参加辞退したこともあり、体調を考慮してコース確認後に参加・不参加を決めることにしていた私は、今月は仁川駅から歩いて甲山1週(山頂には登らない)という楽チンコースとのことで参加の返事をした。グルメは仁川の広河原でタジン鍋。

     2019.5.19(日)、仁川駅に今回初参加のNI氏を含めた8人が集まるとすぐに出発した(9:30)。以前、5人組で歩いたコースが比較的安心だということで、私とTさんが先導した。

     線路沿いを仁川を超えて2つ目の角を右折。立派な住宅を直線的に甲山を目指し、10分ほど歩いて関西学院の案内板がある左の電柱を左折。2つ目の角を右折。関西学院の住宅を左に見て直進。突き当りの細い舗装道をくねくねと登って水路沿いの歩道に出てきた。

     水路沿いを右に進んで左手の階段を上り、途中から右手にのびる山腹道を進んだ。一旦舗装道を横断し、その先の階段を進んでいくと浄水場横の広い車道へ出てきた。右へ直進していくと、左右に分かれる分岐に。右手が甲山森林公園の入り口だ(10:00)。

     公園内を直進し、WC休憩をはさんでさらに道なりに直進。やがて車道に出てきた(10:28)。右に折れると八十八ヶ所巡りの3番目の祠がすぐにあった。車道を進んで、石材店の先にある桜茶屋から山門を抜け、駐車場を通り抜けてさらに車道を。その先の分岐ハ左に。車止めのフェンスを抜けて進んでいくと北山貯水池に出てきた(10:42)。


     甲山に向かって歩き車道を横断し駐車場を抜けて甲山を左へと巻くように進んだ。途中、何度か登った山頂への階段を通過。ここからは初めて歩くルートだ(10:48)。ちょっとマイナーな感じの荒れた山道がしばらく続いた。

     先頭を歩くTさんが立ち止まった。蛇である。死んでいるように見えていた蛇は、すぐ横の草むらに姿を消した。久しぶりの蛇との遭遇だった。

     やがてキャンプ場の横を通過すると歩きやすくなった山道も幅が広がり、やがて車除けガードを通過すると、五ヶ池ピクニックロードに出てきた(11:15)。車道の先にはよく使っている甲山森林公園のレストハウスが見えていた、

     車道を左に進み、五ヶ池へと降りる山道に入ると雑草が生い茂ったピクニックセンターに出てきた。池の木道を渡り小さな渓流を超えるとGPに到着。円陣を組んで一斉に荷が広げられていった(11:30)。


     タジン鍋は、Tさんが持参したものと本日欠席のHGさんから私が預かってきた2つが並んでセットされた。乾杯もそこそこに鍋に野菜がたっぷりと詰められ、豚バラを載せてお酒を入れ、独特の蓋をすればあとは出来上がりを待つだけだ。

     初参加のNI氏も絶賛のタジン鍋も、2つの鍋で2回作り上げると8人のお腹はもう満腹だ。若干の具材を残し片づけが始まった。


     いつもの記念撮影が済むと下山開始(13:40)。少し下流のところから細い山道を辿って車道へと出てきた(13:47)。

     あとはだらだらと車道を下り、住宅街を抜けて仁川左岸に降りてきた。そのまま仁川駅まで帰ると、解散。それぞれが帰路についた。

     私は、Tさん・MSクンの3人で近くの立ち飲みで最後の〆の乾杯を。

     HGさん、お鍋、ありがとうございました。

     

    | sallynote | 山とグルメの会 | 20:59 | comments(0) | - | - | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE