Sally's High Tension

<< 山田道(裏六甲) | main | 最近掲載したものは… >>
箕面
0

    JUGEMテーマ:日記・一般


     紅葉が見たいと言うマダム。少し山に慣れてきたと思い、箕面へ。コースは、昨年4人組で歩いた箕面駅〜地獄谷(谷道)〜こもれび展望所〜雲隣展望台(昼食)〜箕面大滝〜箕面駅を歩くことに。歩程約7kmの一般向けコースだ。

     2018.12.1(土)、阪急で十三〜石橋と乗換え、箕面駅で下車。駅は多くのハイカーで賑わっていた。天気も上々で紅葉も期待できそうだ。WCを済ませて出発、10:02。

     大滝へと通じる舗装された山道へと入った。ハイカーより外国の観光客の方が多いように感じられた。みんな立ち止まっては撮影に没頭。私も撮影に何度も立ち止まった。








     見覚えのある分岐で、右へと下り山本珈琲館横の楓橋を渡った、10:22。ここから箕面川左岸を進む。川のいたる所で倒木が散乱していた。台風24号の爪痕だろう。緩いアップダウンを繰り返し、姫岩の狭い隙間を抜けた所で小休止。汗を拭って上着を脱いだ、10:35。

     出発して緩い階段を上っていくと分岐に。ここから長い階段が続く地獄谷の登りだ。暑い暑いと何度も立ち止まっては汗を拭くマダム。20分ほどかけて舗装道に出てきた。ゴミ拾いをしているボランティアのグループがゴミの整理をしていた。

     車道を左に折れ、右手の山道に入ると緩い登りが始まった。途中、分岐があって直進は谷道コース、左は尾根道コース。ここは左を選択した。登りがしばらく続いた。マダムも頑張ってついてくる。ここは私も初めて歩くコースだ。

     尾根道になると緩いアップダウンを繰り返した。 右手の地獄谷(谷道)との合流点を過ぎ直進した、11:20。
     

     さらに歩いて“こもれび展望所”に到着、11:35。場所は先着のハイカーに占領されていたので、そのまま “雲隣展望台”を目指しすことにした。

     が、“雲隣展望台”へのルートが思い出せない。2人の女性ハイカーがすぐ横の下る山道に降りていったのでつられるように後に続いた。先を行く2人が立ち止まってツーリング中の男性と話し始めたので追い越して先に下ったものの、すぐに舗装道へと降りてきた。道標もなく、右へと下ることにした。ここは見覚えがない。

     一向に山道に入る所も現れず、左手に資材置き場らしき空き地。この広場で昼食することにした、11:50。上着を羽織ってリュックから食材などを取りだした。前回に続いておでんを美味しく頂戴した。

     缶ビール1本で終えた昼食を1時間で終えると出発、12:53。さらに舗装道を下っていくと、男性が1人前を歩いていた。現在地が分からず少し不安になってきたが、このまま南へ下り続ければなんとか帰れるだろうと思い、男性の後に続いた。

     (途中、右側の県道沿いにあった紅葉)

     やがて車道(県道43号線)に合流すると、前の男性が右手の「風の杜」へと通じる舗装道へと入っていったので、後を追ってみた。





     駐車場周囲の鮮やかな紅葉に見とれていると、男性は行き止まりと思える「風の杜」へと進んでいった。この施設の利用者だったのかと思い、戻って車道を下ることにした、13:22。

     結構交通量の多い歩道のない車道は、歩き辛く車にも迷惑をかけているようで心苦しい。10分ほど下ったところで、ふと、スマホのマップで現在地がつかめることに気づき、早速確かめてみた。西方向(右手)に昆虫館の表示があったので、右手の山道を求めて車道を下っていると、その右手に山道が現れた。

     迷わず山道を緩く登り始めた。すると上から若者のグループが走るように下ってきた。何かのトレーニングなのだろう。これで箕面川方面に抜けられると思い安心感が湧いてきた。

     10分ほど登っていくと、何かの施設の駐車場へと出てきた。すると背後でマダムが、
     「これ“風の杜”やんか」 と。なんとさっきの所に戻ってきたのだ、13:42。さっき後を追っていた男性はここを抜けたのだろう。少し落ち込んだが仕方なく来た道を戻る。

     車道を下り始めてすぐ先のヘアピンカーブの右手に平坦道が伸びていた。その先に展望台が見えていた。“聖天展望台”だった。なんとか戻れると確信した、13:55。

     展望台からの歩きやすい舗道をつづら折れて下っていくと、西江寺の分岐に。ここは直進して下っていくとようやく滝道へと戻ってきた、14:07。かなり疲れたが、せっかくここまで来たのだから滝を見て帰ろう、ということで午前に歩いた滝道をまた歩き始めた。



     思い足に鞭打って賑わう滝道を緩く登って、ようやく大滝に到着、14:50。

     ごったがえした周辺にいつまでもいるのも疲れるし、撮影を終えるとそそくさと来た道を戻ることにした。

     するとすぐ先で頭上を指さすもの、撮影をするもの、つられて見上げると猿が1匹、木の枝で何かをつまんでは口に運んでいた。私も思わず撮影した。



     なんとか頑張って歩いてようやく箕面駅に到着、15:30。いやはや疲れました。しっかり下調べをしておかないと…(反省)。

     家を出てから帰宅するまでに歩いた距離は、15.3km。歩数は、約2万7千歩。マダムには申し訳なかったです。

     

    | sallynote | 山・マダムと歩く | 19:38 | comments(0) | - | - | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE