Sally's High Tension

<< 市章山(六甲) | main | 最近掲載したものは… >>
奥池(東六甲)
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

     6月に観音山経由で奥池を目指したものの、途中で道を間違えて行けなかった奥池にリベンジ。コースは、鷲林寺バス停〜鷲林寺〜奥池(昼食)〜芦屋ゲ−トを歩くことになった4人組

     2018.8.17(金)、阪急夙川駅で4人が揃うと前回と同じ9:21の阪急バスに乗車。鷲林寺バス停に到着(9:40)すると、進行方向すぐの信号を左折し、『かんのん道』を鷲林寺目指して歩く

     車道が右にカーブするところから直進して参道を緩く登った。聖母修道院門前を通過し、

     石段を上って鷲林寺の境内に入った(9:56)。ここで歩き支度を整えた。快晴ながら秋風が吹き始めていて気持ちよく歩けそうだ。

     再スタート(10:03)。尾根コースを歩こうというTさんに、日影が少ないから谷コース(せせらぎコース)をとの意見が多数を占めたので、

     前回同様に本堂右側から山腹道に入った。

     前回より涼しいとはいえ、やはり汗が流れる。途中、冷凍パインで小休止。尾根コースに合流(10:50)すると右手の岩場を登った。急坂の岩場が終わるとほぼ水平道の山腹道を歩き始めた。

     すぐに右へと下る見覚えのある山道があったが標識がなくなっていて、3人は直進して山腹道を進んでいく。
    「こことちゃうんか!?」と呼びかけるも戻って来る様子はない。私もそのまま後に従った。

     しばらくして見晴らしのいい所を通過すると緩いアップダウンが始まった。以前、尾根コースを登って奥池に行った時に上着を落として、奥池と鷲林寺を往復したときには歩いていない山道なので、先頭を歩くTさんに訴えると、先を調べてくるといって、一人先行していった。

     10分ほどして戻ってきたTさん。「別のルートがある」と言っていたが、さっきの山道の方が楽チンコースだと主張して後戻り。数分で見覚えのある山道に戻ると緩く下った。


     この山道に間違いない。しばらく緩く下り続けた。

     途中、山道が崩れ落ちている箇所があって、慎重に渡ろうと竹の枝を手にしたが、根が張った竹ではなかったので50cmほどの溝に落ちてしまった。気を取り直してさらに下っていくと、ネットフェンス沿いの山道になり


     奥池へとやってきた。

     15分ほどロスしたがやっとベンチテーブルに荷を下ろした(11:35)。

     少々風が強く吹く時もあったが、涼しくて気持ちがいい。缶ビールで乾杯すると、いつもの宴会が始まった。他にやってくるハイカーは一人もいなかった。

     今回も、食べ尽くし、呑み尽して、片付けが始まった。今回はカメラのミニ三脚を持参していたので

     記念撮影をし、下山開始(15:05)、

     といってもすぐ近くのバス停に移動。結局、山歩きは終了… (^^

     15:35のバスまでしばらく時間はあったが、バス停のベンチで待機する。やってきたバスでJR芦屋駅までやってくると、いつもの居酒屋で仕上げの祝杯で喉を潤した。

     今回は秋風の中の楽チンコースだったので、楽しく歩けました。

    | sallynote | 山・4人組 | 20:44 | comments(0) | - | - | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE