Sally's High Tension

<< 清荒神〜中山(宝塚) | main | 柴山カニ旅行(1日目) >>
牡蠣泥棒2018(坂越)
0

    JUGEMテーマ:日記・一般


     今年の春恒例の「牡蠣泥棒」は2月の開催となった。参加者は17人。JRの「青春18切符」がまだ利用できないので、三宮〜姫路間は1Dayチケットを利用することに。

     2018.2.12(月・祝)。JR三ノ宮でTさんと合流すると山陽電鉄で姫路へ。HGさんは体調不良ということで今回は欠席。

     JR姫路駅から播州赤穂行きに乗り換えると坂越駅に9:38に到着した。

     駅前で人数を確認するとTDさんがまだ来ていなかった。9:50、とりあえず16人が出発したが、その後TDさんと連絡がついて電車に乗り遅れたとのこと。30分遅れで現地へ来るらしい。

     御年78歳というTHさんの歩くペースが一番遅かったので一緒にしんがりを歩いた。千種川を渡り、車道下のトンネルを抜け坂越小学校手前を右折。突き当りを左折して「木戸門跡広場」にやってきた、10:12。WCを済ませるとTHさんは趣のある街並み風景の撮影に没頭して、歩くペースはさらに遅くなった。

    「毎年、これが最後になるかも…と思って撮影している」というTHさんの言葉にとても哀愁を感じた。

     『旧坂越浦会所』では、人力車に惹かれて中に入るTHさん。中の女性と会話を楽しみ、なかなか進めない。

     それでもいろいろと話しながら海沿いを歩いていくと、やがて目的地の「しおさい市場」に到着。THさんが「撮影しながら行くので、先に行っててくれ」というのでいつもの場所に行くと時間待ちをしている山グル集団に合流した、10:50。TDさんも合流し、遅れてTHさんが来て17人が揃った。

     時間がきて店の男性に案内され牡蠣掃除が始まった。一通り作業が終わるとスタッフが水洗いをしてくれた。計量して1kgほど足らないということで1kg以上の牡蠣を追加してくれた。

     2つのテーブルの準備が終わると早速、炭火の上の網に牡蠣を並べた。酒類持ち込み禁止なので売店の生ビール(大500円)で乾杯。私は雪が舞う寒さなのでカップ酒にした。

     今年も牡蠣は大粒揃いだった。慣れたものでいきなり吐き出す牡蠣の熱い汁にも驚かない。約90分経過したところで牡蠣は無くなった。今年の精算は、男性1700円(女性1600円)と別途酒類500円。実に安い。私はお土産の殻付き牡蠣2.5Kgを購入し、リュックに詰め込んだ。
     

     海の駅を出発すると大避神社でいつもの記念撮影。ぶらぶらと駅へと向かった。

    14:35、坂越駅に着くと5分後にやってきた姫路行電車に乗車。姫路からの山陽電鉄はTさんと2人連れ。今回は帰りに寄り道を止めようと車中でTさん持参のウィスキーで乾杯。高速神戸駅でTさんと別れると、阪急電車の特急に乗り継いで塚口へと向かった。

    娘に駅まで迎えに来てもらい、夕食には殻付き牡蠣をホットプレートで蒸し焼きに美味しく頂いた。今年も大粒の牡蠣は家族には喜んでもらえました。

    | sallynote | 山とグルメの会 | 19:48 | comments(0) | - | - | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE