Sally's High Tension

<< 謹賀新年 【2016.01.01】 | main | 清荒神〜中山(宝塚) >>
2018年ご来光(油コブシ)
0

    JUGEMテーマ:日記・一般


     4人組恒例の初日の出元旦山歩き。コースは、六甲ケーブル下駅東の特養老人ホーム〜油コブシ(626m)。ミニグルメは、昨年に続き常夜鍋。今回もタクシー利用で歩く距離を稼ぐことに。年末の休みに入った29日から風邪気味で寝込んでいて若干不安も…

    2018.1.1(4:35)。家を出ると昨年に続いて風もなく穏やかな夜明け前。4:52発阪急電車に乗車し六甲駅で下車。HGさん・Tさんと合流すると客待ちのタクシーを確保。車内でNGさんを待った。

    定刻にやってきたNGさんが乗り込むとタクシーは発車。六甲ケーブル下駅からつづら折れた坂道を登り、老人ホーム前で下車。早速歩き支度に取りかかった。今年も東灘の夜景がくっきりと綺麗に見えていた。

    ヘッドライトを装着し、出発(5:58)。昨年より5分遅れのスタートだ。急坂の階段を登りきると平坦な山道へと入った。ライトの灯りを頼りにゆっくりとしたペースで歩いた。風がないので寒さは気にならない。今年も我々を追い越すハイカーは少ない。体調も今のところは大丈夫そうだ。


     2つ目の鉄塔で2度目の小休止後、直登の急坂を登り始めた。悪路の急坂が手入れされていて歩きやすい階段になっていたが、私のペースが急に落ちてきた。東の空はかなり明るくなってきていたが、焦らずゆっくり足を運んだ。階段を登りきったところで3人が待っていたので先に行ってもらい、最後の急坂階段前でしっかりと身体の回復を待った。

    子ども連れの家族の集団(20人ほど)を見送り、高齢の男性の後に続いて急坂階段をゆっくりと登り始めた。やっとの思いで油コブシに到着(7:03)。広場はすでに50人ほどの人で賑わっていて空撮用ドローンが煩く飛んでいた。先行した3人がいつもの木製テーブルを確保してくれていた。

    テーブルに荷を降ろすと着替えもせずに笹薮に入ってご来光を待った。が東の空は雲が多く、雲の切れ間から見えるご来光に期待した。太陽はおそらく生駒山の上に出ているようだが、なかなか現れない。


     数分後、雲の切れ目がキラリと光った。2018年の初日の出だ(7:11)。がちょっと残念なご来光だ。早々に撮影を諦めるとテーブルに戻り、着替えを始めた。周囲の人は徐々に姿を消していったが家族の集団はまだ残っていた。

     鍋の支度に取りかかると、まずはワインで乾杯。恒例の宴会が始まった。

     鍋は今年も美味しく出来上がり、風にも悩まされず穏やかな新春の一時を楽しんだ。近くで子どもたちが走り回るのには閉口したが、うどんで〆る頃には広場は4人だけで静かになっていた。

     荷造りが終わるとたまたまやってきた男性に頼んで記念撮影。来た山道を下山開始(11:12)。老人ホームまで下りてくる(12:00)とストックを片付け、ぶらぶらと六甲ケーブル下駅まで降りてきた。

    待っていたバスに乗車するとしばらくして発車(12:30)。途中でTさんが下車し、3人は電車でそれぞれが帰路についた。

    その後も風邪が治らずずっと寝正月でしたが、2018年もよろしくお願いしま〜す。 m(__)

    | sallynote | 山・4人組 | 14:35 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE