Sally's High Tension

<< 鳥取ツアー(2日目)【2017.03.25】 | main | 歌垣山(北摂)【2017.04.29】 >>
箕面【2017.04.23】
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

     今月の4人組は、箕面へ。コースは、箕面駅〜地獄谷(谷道)〜こもれび展望所〜雲隣展望台(昼食)〜箕面大滝〜箕面駅。歩程約7kmの一般向けコース。

     2017.4.23(日)、十三の3番ホーム(コンビニ前)でTさん、HGさんと待ち合わせ。神戸線からの乗り換えだと同じホームになるのに、何を勘違いしたのか階段を登りきって間違いに気付き、慌ててもとのホームに戻ると予定の電車がホームに入ってきた。2人を探したが見当たらない。すると車内からから手を振るHGさんの姿が見えたので、慌てて乗車した。

     石橋で乗り換え箕面駅で下車すると、改札前でNGさんが待っていた。4人が揃うとすぐに出発、8:57。大滝へと通じる舗装された山道へと入った。

     気温が若干低いように感じ、爽快な気分で箕面川沿いを歩いた。

     撮影していると3人との距離が徐々に開いていく。気がつくと3人の姿が見えなくなった。キョロキョロしていると

     山本珈琲館横の楓橋を渡るHGさんの背中が緑鮮やかな楓の枝の隙間に見えたので、慌てて後を追った。

     箕面川左岸を進んで行くと、 姫岩の狭い隙間を抜けた所で小休止。5分の小休止の後、出発、9:30。
     

     長い階段が続く地獄谷の登りが始まった。10分の階段登りが終わると舗装道に出てきた。小休止の後、車道を左に折れ、右手の山道に入ると緩い登りが始まった。変化に富んだ山道がしばらく続いた。

     

     

     涼風が汗ばんだ身体に心地良かった。

     地獄谷(尾根道)と合流すると平坦な山道を右へと進んだ、10:00。
     

     

     

     “こもれび展望所”に到着するとここで小休止、10:12。長めの休憩が終わると“雲隣展望台”を目指して出発、10:20。

     急坂もなく快適に歩いて行くと、 見覚えのある“雲隣展望台”に到着。炎天下の展望台下のベンチテーブルに荷を降ろした、10:40。それぞれが食材を取り出し終えると冷えた缶ビールで乾杯。私は、ししゃも・中手羽・長芋を順に調理していった。

     長い長い宴会が終わってようやく出発。展望台横から下り始めた、15:25。
     

     急坂を下り、最後のコンクリート階段を降りて車道に下りると、道路を横断。トンネルを抜けて下り、大滝へとやってきた、15:48。

     紅葉のシーズンではなかったので滝の前も閑散としていた。緑鮮やかな楓は目を癒してくれる。姫岩を経由して箕面川を下り、箕面駅の前までやってきた、16:35。いつもの立飲み屋が閉まっていたので仕方なく他の飲み屋を見つけて、冷えたビールで無事下山の祝杯を。

     帰宅してシャワーを浴びると、炎天下の宴会で両手首が真っ赤になっていて、ヒリヒリと痛かったです。

     

    | sallynote | 山・4人組 | 04:23 | comments(0) | - | - | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE