Sally's High Tension

<< 鳥取ツアー(1日目)【2017.03.24】 | main | 箕面【2017.04.23】 >>
鳥取ツアー(2日目)【2017.03.25】
0

     

     2017.3.25(土)、早朝、HGさんのタイマー(振動)で目を覚ました(5:20)。早速、大浴場へと向かい眠気を覚ました。朝食(7:00)もバイキング形式だった。品数も多く美味しく頂いたが、宍道湖のシジミ入り味噌汁が特に美味しかった。

     (空室となった山側の部屋から見た“大山”)

     フロントで精算を済ませるとバスに乗車。部屋に忘れ物をしたという人を待ってホテルを出発(9:03)。鳥取第2日目は、まず、『お菓子の壽城』へ向かった。到着(9:20)すると、バス10台以上でやってきた宗教団体の黒い制服(?)を着た女性陣と一緒になり、壽城内は混雑を極めた。

     (“お菓子の壽城”)

     城内はお菓子の試食のラッシュが続いた。差し出されるままに試食を始めたが、甘い物ばかりと黒い人だかりで他の3人とはぐれてしまった。仕方なく2階へと上がってみると、天守閣へと登るエレベータがあったので乗ってみた。天守閣は狭くてただ四方が眺められるというもの。遠く大山も見えていたが山頂は雲に覆われていた。少々早いがバスで出発を待った。

     城を後に(9:50)し、美保関灯台へと向かった。境港へと続く日本海沿いの国道431号線は快適だった。

     右手前方には、目的地の島根半島の最東端にあたる地蔵崎が見えていた。境水道大橋を渡ると県道2号線を海沿いに北上した。

     (途中に見えた“夫婦岩”)

     美保関港を過ぎると岬にある美保関灯台の駐車場に到着した(10:40)。ここでしばしの散策を楽しんだ。隠岐の島が北約60kmの海上にあるそうだが、この日は春霞に煙って微かに島影が見えるが、写真では…

     『美保関灯台』 山陰最古(明治31年)の石造りの灯台(18m)は、「世界の歴史的灯台100選」と「日本の灯台50選」に。

     『沖之御前・地之御前』 鳥居から望める島で、沖(4km)にある島と眼下の島(写真)は、えびす様が魚釣りをしたと伝えられる。

     (唯一の4人でのショット)

     駐車場を後に(11:15)、昼食場所の『大漁市場なかうら』へと向かった。国道431号線を少し戻ると、海辺にある『大漁市場なかうら』に到着(11:40)。

     鬼太郎が出迎えてくれた。4人は昼食の予約をしなかったので近くのレストランに入った。新鮮な魚の丼物が美味しかった。この日最初の乾杯を…。

     昼食を終えると、市場で土産物を購入し、バスへと戻った。駐車場を出発(12:43)し、近くの『水木しげるロード』へと向かった。JR境線の境港駅に近い駐車場に着く(12:55)と、13:10に駅に“鬼太郎電車”が到着するとのことなので、水木ロードを駅へと向かった。通りの両サイドには、鬼太朗のマンガに登場する妖怪たちのブロンズ像のオブジェが並んでいて、郵便局も『水木ロード郵便局』。正に水木しげる一色の街並みである。

     (“鬼太郎駅”の愛称の「境港駅」 ちなみに「米子駅」は“ねずみ男駅”)

     ほぼ定刻に列車が駅に入ってきた。どんな列車かと期待していたが、阪急電車でよく見かける手塚治虫のアニメのようなもので、少しガッカリ…。

     (左奥にはフェリーも)


     (“鬼太郎列車”には鬼太郎、ねずみ男、ねこ娘、目玉おやじの4種の列車があるとのことだが、“子泣き爺”と“砂かけ婆”が描かれたこの列車は新種か?)

    <駅周辺のオブジェ>
     
     


     とりあえずロードを往復してオブジェウォッチングを楽しんだ。

     
       
     (郵便局名も”水木ロード郵便局”)

      (“ねずみ男”と握手をすると宝くじが当たるとか。本当かなぁ…)

     (WCまで“鬼太郎”のイラスト)

     駐車場を出発(14:00)。これで2日間のツアー行程はすべて終了である。あとは帰るのみ。国道431号線を戻ると、天候にも恵まれて正面に大山が綺麗に見えていた。ベストショットを狙って私を含む何人かが撮影に没頭していた。

     (バスの正面に見える“大山”)

     (西側から見た“大山”)

     米子道に入ると大山の南側を走るので、異なる山容の大山が楽しめる。蒜山高原SAで小休止(15:03)。ここから見る大山〜蒜山高原の大パノラマは絶景だった。


     (南側から見た“大山”)

     (大山の右には“蒜山高原”の山並みが)

     SAを出発(15:03)すると、ウィスキーで乾杯。快調に走るバスに、18:00ごろ大阪着かなと想像していた。

     しかし、事故による渋滞情報が飛び込んできた。赤松Pで最後の小休止(17:10)。それでもここまでは渋滞はなかった。赤松Pを出発(17:28)するとすぐに渋滞が始まった。運転手が機転を利かせ、事故区間を一般道に切り替えた。一般道でも渋滞があったのでどっちが良かったかは分からないが、また中国自動車道に戻ると、大阪に近づくにつれ車は速度を上げていった。

     (18:10、車中から)

     高速を降りると、19:00以降は大阪駅周辺では停車できないということで桜橋交差点手前で停車した(19:22)。赤松Pから約2時間、渋滞以外は大きなトラブルもなくゴールできた。やれやれ…。4人は地下街に潜り、最後の乾杯を…。

     みなさん、お疲れさまでした。

    | sallynote | 山・4人組 | 03:25 | comments(0) | - | - | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE