Sally's High Tension

<< 中山(宝塚)【2017.01.13】 | main | 今月は…【2017.02.19】 >>
太閤道(高槻市)【2017.01.22】
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

     2017年最初の山とグルメの会は、京都西山にある太閤道のごく一部を歩くという楽チンコース。30分ほどでGP(グルメポイント)に着くというコースは、磐手(いわて)橋バス停〜(太閤道)〜金龍(こんりゅう)寺跡(GP)〜悠久の丘〜磐手橋バス停。グルメは、「ミルク鍋」だ。天気予報では、大阪地域に「雲と傘」のマークが表示されていたが、目的地の高槻市では「雲と太陽」だったので雨は心配なさそうだった。

     2017.1.22(日)、いつもの3人組は十三のホームで合流し、高槻市駅へと向かった。どんよりとした空模様も高槻に近づくにつれて晴れてきた。集合は、JR高槻駅9:06発の市バスに、我々は阪急高槻市駅9:10に乗り込んだ。

     予定ではJRから4人、阪急から我々9の13人だったが、1名(IYさん)が乗っていないとのこと。食材を分担しているだけに少し不安に思った。

    磐手橋バス停に到着(9:18)すると、スタート。5分ほど歩き、「歴史の散歩道『西国街道コース』」の標識があるところまでやってくると、電話でIYさんと連絡がとれ、JR高槻駅からの次のバスに乗車していることが判明。
     

     20分後のバスを待つことになった。

     申し訳なさそうにIYさんがやってくると、ようやく13名が揃って再出発した(9:44)。
     

     短い橋の袂の「金龍寺跡」の標識にしたがって歩いて行くと、すぐに緩い傾斜の山道に入った。

     渓流沿いの山道は、小さな鳥居の前を通過すると勾配が増してきた(9:54)。
     

     雨の後でぬかるんで歩きづらい山道を登っていくと、「座禅石」を通過(10:11)。
     

     石段を登り詰めると、平坦な金龍寺跡に到着(10:15)。確かに30分で到着した。

     昭和58年に心ないハイカーによって焼失した寺の跡地には、いくつか丸太のベンチが置かれていた。平坦な場所に鍋の位置を決めると、その周囲に円陣を組んで一斉に荷が広げられた。

     鍋の支度が整うと、牛乳の入った鍋に野菜や肉類などいろんな食材が投入されていった。各自が持ち寄ったアテを肴に飲んでいる間に鍋が出来上がった。
     

     美味しく頂いていると、小粒の小さな水滴が落ち始めてきた。気にならない程度の雨も、2度目の鍋を平らげるころから気になるような小雨になってきた。4度目の鍋に〆のうどんを投入するころ、私は傘を取り出した。

     鍋を平らげると、一斉に片付けが始まった。冷たい雨に、指が凍えそうになっていた。荷造りを終えると、私は久しぶりにポンチョをまとった。
     

     記念撮影を終えると、下山開始だ(12:42)。

     下山といっても、しばらくは登りが続いた。下りに転じてしばらくすると雨は上がってきた。
     

     やがて見覚えのある悠久の丘へとやって来た(13:20)。12年前に山グルで来たことを思い出した。さらに少し下った所に「安満宮(あまみや)山古墳」があった。ここで小休止(13:30)。

     この下の市立公園墓地のWCで休憩しているとまた雨が降り出してきた。
     

     墓園の中の舗装道を下っていくと、朝、IYさんを待っていた所まで帰ってきた(14:03)。数分で磐手橋バス停に到着すると、雨の中、バスが来るまで10分ほど待った。

     少し遅れてやってきたバスに乗車すると、いつもの3人組はJR高槻駅で下車し(14:26)、以前に入ったことのある立ち呑み屋で、無事下山の祝杯をあげた。

     雨の中の山歩き、みなさんお疲れでした〜〜〜 (^O^)

     

    | sallynote | 山とグルメの会 | 01:22 | comments(0) | - | - | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE