Sally's High Tension

<< 再度公園【2016.11.11】 | main | 大野山(猪名川町)【2016.11.23】 >>
紅葉の再度公園(パート2)【2016.11.19】
0

    JUGEMテーマ:日記・一般


     今月の4人組は、先週5人組で歩いて見ごろだった紅葉の再度公園。本来は須磨アルプスを予定していたが、深紅の紅葉を期待しての行き先変更だ。ミニグルメは、持ち寄りおでん鍋。

    2016.11.19(土)。集合場所の阪急神戸三宮駅で4人が揃うと、すぐに出発(9:00)。あいにくの小雨の中、いつものコースを歩いて諏訪神社で歩き支度を整えると、再出発(9:30)。


     本殿横から山腹道を歩いたが、先週と違って綺麗に色づいている紅葉が何本かあった。期待して歩き続けたが、稲荷橋から大師道に入るとまた緑の紅葉になった。歩速は先週とは違って結構早い。雨は降ったり止んだりしていた。

    猩々池までやってくると、東屋で小休止(10:20)。池の周辺には赤く染まった紅葉が数本あったものの、ここもまだ見ごろではない。

    出発(10:25)。
     水掛地蔵横の茶店の紅葉は、先週に続いて見事な色合いを見せていた。縦走路と再度公園の分岐までくると、一人歩きの若い男性が案内板を見ながら、
    「再度山ってどこですか?」と聞いてきた。確かに道標には書かれていない。分岐の右上を指して、
    「この上。山頂はすぐだけど、景色は見えないよ。」と教えると、Tさんも重ねて、
    「右手に下ると大竜寺に降りるよ。」
    登り口を教えると男性は、「ありがとうございます。」と言ってすぐ上の山頂に向かって登っていった。

    男性と別れるとすぐに再度公園に到着(10:50)。
     公園は先週より赤味が増えているようだった。いつもの東屋には一人の男性が休んでいた。横の椅子に荷を下ろして汗を拭いていると、その男性は荷造りを整えて東屋を出て行った。空いたベンチテーブルに4人は移動し、荷を広げた。

     先週、園内で一番綺麗だった東屋横の紅葉の葉が見事に落ていたのには驚いたが、新たに色づいている木も結構あった。乾杯を終えるとおでん鍋の支度に取りかかった。

    平日なのに混んでいた先週のことを思えば、土曜の今日はあいにくの雨の影響でひっそりとしていた。熱々のおでんに燗酒はとてもいい相性だ。4人のおしゃべりは止まることがなかった。

    片付けを終える(13:45)とゴミを処分し、園内の紅葉をしばらく楽しんだ。

     

       
          
       
          

     雨はもう降っていなかった。公園を出ると来た道を戻った。
     

    (水掛地蔵横「鯰学舎」の庭)
     

     猩々池まで下りてきた(14;30)。ここから二本松バス停を目指して平坦な林道を歩いた。
     

     バス停(14:50)からは紅葉狩りをしながらハイウェイを下った。

    錨山の展望所で小休止(15:15)。フェンス横から西側に降りて行くと、ハイウェイを横断して山腹道を歩き、

     ビーナスブリッジへとやってきた(15:30)。展望所を一回りすると回廊の歩道橋を降りて諏訪神社横の公園(金星台)でしばし小休止(15:45)。

    児童公園を抜けて車道に降りると、三ノ宮までぶらぶらと歩き、久しぶりの居酒屋で無事下山の祝杯をあげた。

    再度公園の紅葉、見ごろはあと1週間ほどかな。

    | sallynote | 山・4人組 | 11:19 | comments(0) | - | - | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE