Sally's High Tension

<< 鉢伏山(茨木市)【2016.03.20】 | main | 吉野千本桜【2016.04.07】 >>
夙川〜北山貯水池【2016.04.02】
0
    JUGEMテーマ:日記・一般


     2016,4,2、お天気に恵まれた土曜日。満開の桜を期待して、夙川へと向かった。駅について人の多さに圧倒された。まず改札を出るため行列に並び、改札を出ると夙川の土手に出るまでのなかなか進まない行列に並んだ。目に届く桜はどれも満開だった。

     のろのろ行列を我慢してようやく夙川左岸の土手に上がった、11:30。土手の一面には花見団体やファミリーの集団が陣取って宴もたけなわといったところだ。どの枝にも満開の桜がピンクに輝いていた。初夏を思わせるような日差しで、かなり汗ばんできた。


    11:35
      11:37
        11:42

    サギ 誇りっぽい川岸を遡上していくと、桜が途絶えるあたりから人も減少し、川の流れる音も耳に届くようになった。川を離れて銀水橋までやってくると、上着をリュックに納め、水分谷橋を渡った、12:00。ルートは堰堤越えから妙龍寺へと進むコースに入らず、階段途中から左手の渓流沿いの山道へと入った。

    ツツジ 涼風が汗ばんだ身体に心地よかった。12:20、獅子避け扉を抜けて北山緑化植物園に入った。ここは桜だけでなくいろんな花が春を満喫するように咲き乱れていた。

     公園の駐車場を抜けて北山貯水池へと先を急いだ。12:42、ようやく甲山の見える貯水池にやってきた。ここの桜も見事に満開だった。夙川の桜よりはるかに見ごたえがある。


    14:43
      12:43
        12:45
          13:28
            13:32

     偶然空いていたベンチをゲット。満開の桜を視野に入れ、コンビニで購入していた弁当を食べ始めた。缶ビールが汗ばんだ身体を冷やしてくれた。

    13:33
      13:35
        13:35

     13:35、名残りは尽きないが、満開の桜を後に、来た道を戻った。植物園へと戻ってくると、帰路は久しぶりに妙龍寺を通るルートを、と思っていたら、いくつかの団体と合流。行列の下山が始まった。さらに高齢者グループも加わり、つられるように後に続いた。

     下山ルートは、どうやら私の思っていた山道とは違っていた。最終的には高齢者グループの最後尾を歩いていて、見覚えのある渓流沿いの山道に降りてきた。来る時に通ったところだった。14:18、銀水橋までやってくると、また夙川左岸を下った。


    14:44 駅に近づくと、また人の行列がだらだらと流れた。15:53、夙川駅に到着。人ごみの中を歩くのは結構疲れる。帰宅して飲んだ缶ビール、美味しかったです。

    | sallynote | 山・一人歩き | 04:02 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE