Sally's High Tension

<< ごろごろ岳〜奥池【2015.12.25】 | main | 天王山〜十方山【2016.01.16】 >>
2016年ご来光(油コブシ)【2016.01.01】
0

     

    JUGEMテーマ:日記・一般


     初日の出を兼ねた元旦の山歩き。4人組では昨年に続いて2度目。コースは、六甲ケーブル下駅〜油コブシ(626m)。ミニグルメは、常夜鍋。気温はそれほど低くならないようだったので、ダウンの上下は家に置いての荷造りだった。

     2016.1.1(金)。まだ暗い中、家を出たが、例年になく寒さを感じない。阪急六甲駅で下車し、バス停へと向かったが、いつになく多くの人が同じ方向に進んでいる。エスカレータのすぐ前まで、バスを待つ行列が出来ていた、5:15。前には50人ほどが並んでおり、10数人後ろにはHGさんとNGさんも並んでいた。エスカレーターの横にも多くの列が並んでいた。

     JR六甲道始発のバスなので、ここに着く時点で何人かが乗ってくるので、ここにいる何人がバスに乗れるのだろうか…。ましてここから2つ先のバス停からTさんが乗り込む予定なので、積み残しもおおいに想定される。Tさんと連絡を取り合って、急遽タクシーで行くことにした。

     ところがタクシーがなかなかつかまらない。再度予定していた次のバス、ということでバス停に戻ってみると相変わらずの行列が並んでいた。結局、タクシーを待ってTさんを途中で拾った。

     いつもなら六甲ケーブル下駅からの歩きとなるのだが、今回はタクシーなので、老人ホームの上にある登山口手前まで歩かずに済んだ。登山口手前で歩き支度を整えると、ヘッドライトを装着し、出発、6:00。急坂の階段を登りきると平坦な山道へと入った。夜に雨が降ったので山道は濡れていた。

     風もほとんどなく、寒さは気にならなかった。何人かが我々を追い越していったが、マイペースで登り続けた。2つ目の鉄塔から直登の急坂を登ったが、ここもゆっくりと高度を稼いだ。

     徐々に東の空が明るくなってくる。最後の急坂階段も、ゆっくりと登り続け、6:50、ようやく油コブシに到着。広場はいつもより多い人で賑わっていた。手前のベンチテーブルに荷を下ろすと濡れた肌着を着替え、ご来光撮影のために笹薮に分け入った。

    7:11 7:10、低い雲の上部からキラリと光が放たれると、太陽が徐々に顔を覗かせてきた。

    7;12 2016年の初日の出だ。例年になく綺麗なご来光だった。撮影を終えるとリュックのところに戻り、人数が減るのを待った。

     やがていつものベンチテーブルにリュックを移動すると、

    宴会、開始! スパークリングワインで乾杯。元旦の宴会が始まった、7:30。

    ほうれん草たっぷりの常夜鍋 鍋も美味しく出来上がり、風もほとんどない晴天の中、2杯の鍋を平らげ、最後にはうどんで〆を。

     荷造りが終わると来た山道を下り始めた、10:20。慎重に山を下り続け、老人ホームまで下ってきた、11:05。ストックを片付けるとぶらぶらと車道を下り、六甲ケーブル下駅まで降りてきた。

     待っていたバスに乗車すると、しばらくしてバスは発車した。途中でTさんが下車し、阪急六甲駅で3人が下車。それぞれが帰路についた。

     今年も、よろしくお願いします。 m(__)m

    | sallynote | 山・4人組 | 01:01 | comments(0) | - | - | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE