Sally's High Tension

<< シニアリーグ【2015.12.20】 | main | 2016年ご来光(油コブシ)【2016.01.01】 >>
ごろごろ岳〜奥池【2015.12.25】
0
    JUGEMテーマ:日記・一般


     今年最後の山歩きは4人組。コースは、水車谷バス停〜ごろごろ岳〜奥池。今回は私のリクエストで「もつ鍋」のミニグルメでした。

     2015.12.25(金)。阪急芦屋川駅で4人が揃うと、5分遅れでやってきた9:03発芦屋ハイランド行きの阪急バスに乗車し、「水車谷」バス停で下車、9:15。

    ごろごろ岳の登山口 カーブ癸隠欧硫にある登山口手前で歩き支度を整えた。準備が出来たところで出発、9:23。夜に雨が降ったのか、山道は濡れていた。

     勾配のある山道を登っていくと、バスで高度を稼いだ分、すぐに背後の芦屋市街地や海の眺望を見ることができた。登り始めて10分、分岐にやってきた。右は尾根ルートで結構キツかったことを思い出して左へと進みかけると、Tさんが「右やで」の声。諦めて右へと進んだ。

     徐々に岩場も現れ、何度も急坂のアップダウンを繰り返した。極力ゆっくりとしたペースで足を運んだが、それでも汗が流れてくる。給水の小休止をこまめにはさみ、前へと進んだ。

     かなり疲労が溜まってきた頃、傾斜が緩んで、見覚えのある鉄塔にやってきた。さっきの分岐にあった左側のルートと合流、10:38。

    もうすぐ山頂 急坂の山道もなくなると、NHKのアンテナ塔を通過。高級住宅が並ぶネットフェンス沿いを進むと、

    ごろごろ岳山頂 ようやくごろごろ岳(標高565.6m)に到着、11:05。

    奥池へ さらにフェンス沿いを進んでいくと、観音山・鷲林寺方面への山道に入った。あまり勾配のない山道を進んでいくと、左へと入る山道があった。奥池へと通じる山道ならここに標識があったはずだが、どこにも見当たらない。Tさんが斥候として左へと入って行った。

     私も念のためと思い、直進して先の様子を伺いに行った。1〜2分ほど直進してみると、甲山や観音山が視界に入ったので、Tさんが進んだルートが正解だ。

    3人を追って… すぐに分岐まで戻ると3人の後を追った、11:33。

    やっと到着 緩い下りの熊笹の山道を下っていくと、ようやく奥池へとやってきた。

    人面魚? (人面魚?)

     右側から池を回っていくと右手には「あそびの広場」の施設もあったが、平日なので人気はなかった。空には黒い雲が現れ細かな雨が降り始めたが、

    小雨の中で… 他に適当な場所がなく雨にさらされるベンチテーブルに荷を下ろした、11:52。

     とりあえず缶ビールで乾杯をしたものの、雨粒がさっきより多くなってきた。傘で雨を凌ぎながら、持ち寄ったアテで様子を伺うことに…。雨も気にならなくなってきたところで、鍋の準備が始まった。

    もつ鍋 鍋は野菜が多く、美味しく頂戴した。

     鍋を平らげたところで、片付けが始まった。15:20、荷造りが終わるとバス停へと移動。Tさんが歩いて下山しようと提案したが、1対3で却下。

    帰りはバスで バスを待った、15:30。

     15:35のバスに乗車すると、JR芦屋駅で下車。いつもの居酒屋で無事下山の祝杯をあげた。

     今回も急坂でバテることなく歩けたので、やれやれでした。来年も、よろしくお願いします。 m(__)m

     

    | sallynote | 山・4人組 | 12:25 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE