Sally's High Tension

<< マスターズ大会2015【2015.11.22】 | main | ごろごろ岳〜奥池【2015.12.25】 >>
シニアリーグ【2015.12.20】
0

     JUGEMテーマ:スポーツ

     


     12月のシニアリーグ戦。対戦相手のOKチームは、今年から参加したチームで我がチームとほぼ互角のチームだけに、YM監督も「勝てる相手なので…」と激を飛ばしていた。

     昨日までの寒さが和らぎ、風もあまりないので陽光の下ではポカポカと暖かく、絶好のサッカー日和だ。1試合目だったので試合前の時間がたっぷりあり、三角パスだけでも十分に汗をかいた。

     4−4−2の布陣で、私は2トップの一人だった。予定より10分以上も早く試合は始まった。予想通り押しつ押されつの好ゲーム(?)だった。どちらも珍プレー好プレーの中、試合が動いたのは試合開始の5分ほど経過した時だった。

     味方バックが自陣ペナルティーエリア内でトラップミスしたところを相手に蹴りこまれ、1点目を先取された。それから5分ほど後に、また同じようなミスでボールが相手に渡り、2点目を失点。

     数分後、センターエリア付近にいた私の前に速いパスが流れてきた。相手バックと競り合い、相手ペナルティーエリア手前でボールをコントロールすると、バックを振り抜いてペナルティーエリアに突入した。

     正面からキーパーがボールめがけて飛び出してきたので、右へとボールをかわしたその直後、キーパーが私に激突してきた。避けられない私はキーパーと正面衝突し、キーパー越しに地面に1回転して倒れこんだ。体中のあちこちに痛みがあったが、特に腹部への激突ですぐには起き上がれなかった。

     ペナルティーキックが与えられた。(ここで蹴るのは当然私だと思い)痛みをこらえてボールをセットした。先日のマスターズ大会の記憶が蘇った。五郎丸ポーズも当然、封印。痛みも少し治まり、ゴールに視線を送った。(右に蹴ろう)

     左側のスペースを2度ほどチラ見すると、左に少し移動してゆっくりと助走に入った。サイドキックに近い蹴り方で右端を狙って蹴りこんだ時、キーパーは反対側に動き始めていた。ボールは思ったより右には行かず、どちらかといえば正面の1mほど右に低くて早いゴロで飛んでいった。キーパーは反応できず、GOOOOOOO〜〜〜!

     仲間の祝福は気持ちのいいものだ。前半中になんとか同点にと、さらに攻撃に気合が入った。右ひざと右ひじに痛みが残っていたが、私も何とか走り続けていた。前半の終了間際に2度目のチャンスがやってきた。

     まだ若いMMが左サイドを駆け抜け、私はセンタリングを想定してゴール前へと走りこんだ。MMは相手バックをかわすと、ペナルティーエリア内のゴールライン寄りから地を這うような強烈なシュートを放った。左にセービングしてボールをキャッチしようとしたキーパーの手に収まらず、ボールはゴール前にこぼれ出てきた。正面のゴールライン付近にいた私は、すかさず猛ダッシュ。キーパーも慌ててボールを押えに来たが間一髪で私の足が早く、GOOOOOOOL〜〜〜!

     前半を2−2で折り返した。休憩のときに右ひじに血が滲んでいるのが分かった。腹部の痛みはなかったが右ひざがかなり痛む。左手親指の掌の付け根付近にも赤く打撲の後が残っていた。

     後半は、左ハーフに下がってプレーした。ゲームはどちらも追加点を取れず、時間が進んだ。そしてゲーム終了近くに自陣ペナルティーエリア内で味方がファールを取られてしまった。PKになるようなファールではないと思ったが、あとはTさんに任せるしかない。で、相手に貴重な追加点が入って数分後、試合終了となった。

     2−3…。勝てそうな試合だっただけに、残念。試合後、右ひじの応急処置を済ませて着替えたが、右ひざの痛みがなかなか治まらない。

     珍しく2点は取ったのだから、まぁ、トップ役は果たせたかな…

    | sallynote | サッカー | 12:20 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE