Sally's High Tension

<< 横池【雄池】(六甲)【2015.07.10】 | main | カキコ停滞中・・・【2015.08.20】 >>
再度公園(六甲)【2015.07.19】
0


     JUGEMテーマ:日記・一般

     


     台風11号も去り曇りの予報だったが、早朝に雨音で目を覚まし、うとうとしていると山グル中止のメールが届いた。今日はゆっくり眠れると思い、また寝る態勢に…。と思っていたら案の定、3人組のお誘いメールが。山グル用に準備していたキャベツで何か作れるかと思い、バーナーをリュックに詰め足し、家を出た。

     2015.7.19(日)、阪急神戸三宮駅東改札口で3人が揃うと、すぐにスタート、9:03。諏訪神社に向かう途中の生田神社にやってくると、何やらテントが張られていた。「神仏両世界平和護摩祈願祭」の立て看板があった。横を通り抜け、生田の森から車道に出た。

     NHKの信号機より1つ西側の信号を右折すると、スーパーに入って食材を調達した。雨はもう上がっていた。北上して突き当りを左折し、ローソン前のバス停から急斜面の舗装道に入り、諏訪山公園のコンクリート道から諏訪神社本堂へとやってきた。ここで小休止、9;55。


     10:00、出発しようとすると、社務所の女性が声をかけてきた。

    「どこへ行きはんの?」
    「再度へ」 とTさん。
    「さっき、警察や消防も(山へ)入っていったんやけど…」
    と、1枚のコピー紙を取り出した。

    尋ね人

     話によると、昨日80才を過ぎた男性が再度谷川へ行くといったきり帰ってこないとのこと。台風の雨で川はかなり増水しているので心配だ、という内容だった。

    ヘリが… 平坦な山腹道を歩いているとヘリコプターが低空で飛んでいるのが見えた。

    低空で捜索 プロペラの爆音が妙に緊張感を高める。普段は聞こえてこない水流の音も不安感を煽ってくる。

     10:17、稲荷橋前を通過。警官も心配顔で 少し先の堰堤手前に警官が数名たむろしていた。ヘリは川をなめるように頭上を行ったりきたりしている。荒々しい濁流が轟音を立てる中、ぬかるんだ山道を慎重に進んだ。所々の川沿いでは、木々が根こそぎ倒れていて、台風の爪あとを思わせた。

     猩々池手前の滝からは、冷蔵庫から流れるような冷たい風が落ちてきて汗ばむ身体に心地よかった。猩々池で小休止、10:50。大竜寺手前の階段を通過し縦走路との分岐を右に進むと、

    再度公園 再度公園だ。第3日曜日はキノコのグループが集まる日なので、できれば東屋を陣取りたかった。幸いにも東屋は無人だった、11:20。

     東屋のベンチテーブルに荷を降ろすと、リュックに詰め込んだものをテーブルに並べた。乾杯を済ませると宴会が始まった。テーブルにはいろんなアテが並んだ。

    美味しかったです 最後には、回鍋肉を炒めて、もう満腹。

     片づけを終え、ゴミを処分して下山開始、15:40。今回も4時間余りの滞在となった。帰路は大竜寺から善助茶屋跡経由で大師道を下り、諏訪神社までの同じコースを歩いた。

    山を出ると暑いです 16:40、諏訪神社手前の見晴らしのいい山腹道のベンチで5分ほどの小休止。

     17:00、車道まで降りてくると三宮まで歩いていつもの餃子店で乾杯し、解散。帰りはHGさんと阪急電車で…。珍しく眠り込んでしまい、2人は十三で引き返すことになったけど、とりあえず無事帰宅できました。


     あのおじいさん、見つかったのかなぁ…。

    | sallynote | 山・3人組 | 07:19 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE