Sally's High Tension

<< 甲山森林公園(仁川)【2014.11.16】 | main | 五月山(池田)【2014.11.30】 >>
待望の太刀魚(2014.11.19)
0
     
    JUGEMテーマ:日記・一般

    最初の「太刀魚」挑戦では、ボウズだけでなく財布を海に落とすと言う大惨事。2度目の挑戦では高価な仕掛けを海底に取られてあっけなくボウズ。引き釣りは才覚がないと思い、浮きのシカケに替えて3度目の挑戦。場所はヨットハーバーのある西宮ケーソン。

    早朝の3時、娘と家を出発。途中、サンマ(短冊)を購入。ヨットハーバーの駐車場に車を置くと、荷物を担いで細長い護岸で空いた場所に荷を降ろした。暗闇の中、ライトの明かりを頼りに慣れない浮の仕掛けをセットし、浮釣りを開始した、4:00。

    3度目を投げようとしたとき、糸がもつれて難儀していると、隣の釣り人が親切に手伝ってくれたので、間違ったセットも改善し、安心してつりを再開した。

    しばらくして娘の浮が急に浮き沈みを繰り返した。すると隣の釣り人がまだ上げないように、とアドバイスを。1分ほど様子を見ていると浮は沈むことなくやがて動きが止まった。逃げられたようだ。

    その後、2人には何の動きもなかった。東の空が薄っすらと白んできた頃、私の浮が微かに2〜3度海中に沈んだ。「きたのか?」 数秒ほど浮が見えなくなったので、道糸のたるみをなくしてから竿を思いっきり引き上げた。すると竿がしなって手ごたえを感じた、6:10。

    「かかった!」 思わず大声が出た。リールを巻くと明らかに何かがかかっているようだ。浮が近づいてくると、一瞬、きらりと白金の煌めきが見えた。待望の太刀魚だ。浮が竿に巻き上げられると竿は大きくしなって、太刀魚が目の前に現われた。3度目の挑戦でようやく80cmほどの太刀魚が釣れたのだ。隣の釣り人が針を外すのを手伝ってくれた。

    初、太刀魚です 娘と2人は大はしゃぎ〜♪

    その後、また静かな釣りが続いた。6:11 東の空に太陽が昇ってきた、6:40。しばらくして周囲が明るくなってきたので棚を少し下げるように仕掛けを修正してみた。するとまた、私の浮に異変を感じた。浮が明らかに沈んだのでまた同じように竿を振り上げた。手ごたえがあった。次も同じくらいの太刀魚が上がった。今度は娘が針を外してくれた。

    やがて、隣の釣り人は片づけを終えて帰っていった。太刀魚はそろそろ終わるのかなと思っていると、また浮が沈んだ。浮が近づいてくると、さっきの引きとはまったく異なる強い手ごたえが竿に伝わってきた。「これは太刀魚じゃないな?」と思った。

    岸壁までくると極端に強い抵抗に変わった。何が釣れたんだろう、とにかく初めて経験する手ごたえだ。逃がすとまずいと思い、娘にタモを取るように頼むと、「もう上がる! 早く巻き上げて!」

    娘の声で、リールを巻き上げながら思い切り力を込めて竿を引き上げた。竿が折れないかと心配するほど鋭角にしなった。すると大きな太刀魚が暴れながら私の眼前に現われた。大きすぎて娘は「怖い!」を連発しながらも針を外してくれた。

    でっかいねぇ! 娘が手に提げてみてその大きさを再確認した。120cm以上はありそうだ。太刀魚のサイズを指の幅で例えるそうだが、充分に私の指4本分以上はあった。

    その後釣果はなくなり、娘も諦めて片づけを初めた。9:00、駐車場を出ると帰路についたが、帰ってから太刀魚を捌くのにまた悪戦苦闘が待っていた。

    これで私はすっきり。釣具の店員の話では、今年は12月まで釣れそうだと言っていたので、あとは娘が太刀魚を釣り上げるのを待つばかだり。

    | sallynote | 釣り | 11:19 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE