Sally's High Tension

<< 竜王山(茨木市)【2014.07.06】 | main | 山寺尾根(摩耶山・六甲)【2014.07.26】 >>
ほぼ、ボウズ…【2014.07.15】
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     先週は台風の影響を心配して見送った釣り。今回は、娘も投げ釣りに挑戦するとのことで、サビキは封印して準備した。

     釣り場は、前回に続いてYMクン(友人)が教えてくれた場所(小野浜・ポートアイランドから見れば北の対岸)で、今回も公休日(火曜)の早朝(4:00)に出発した。

     途中、芦屋の釣り店で投げ釣りのエサ(青イソメ)を購入した時はもう明るくなっていた。目的地に到着したときは数人が釣りをしていた。我々も釣りの準備が整うと、早速釣りを始めた。

    5:15

     もうイソメへの抵抗感もなく(好きにはなれないが…)、前回よりは手際よく針に付けることができた。投げの方も、それなり(50m近く?)には投げることができた。

     が、一向に釣れる気配はなかった。私は前回のような根掛かりには悩まされることはなかったが、今回は娘の方が何度か根掛かりに悩まされていた。徐々に太陽の日差しが感じられるようになると、日除け対策を講じたが、私は半ズボンだったので、普段陽光にさらさない白い足がジリジリと暑さを吸収していた。

     8時半ごろには先客たちはみんな引き上げて行ったが、この時点でもまだ釣果はなかった。その後、一度だけシカケを巻き取る直前に小サバ(15cm程度)が岸壁の近くでヒットしたが、その後はまったく釣れなかった。始めた頃には2〜3度は釣れる気配もあったのだが、あちこちと場所を変えてみてもアタリの気配すらなかった。

     娘はずっと根掛かりに悩まされ続けていた。しばらくして私が少し場所を離れて竿を握っていると、あまりかしこそうに見えない3人組の若い男性(娘の話では兄弟だとか)が娘にちょっかいをかけてきたようだったので、場所を変えることにした。

     前回にも行った南芦屋浜の東側にやってきた。日差しはかなり暑くなっていた。改めて準備を終えると、投げ釣りを再開した。今回も広い岸壁に釣り客はまばらだった。

    10:30

     ここなら、と淡い期待を持ったのだが、ここでもアタリはなく、娘も根掛かりが続いていた。結局、小サバを1匹ずつ釣り、本日の釣果は小サバ3匹のみ。ほぼ、ボウズだった。

    12:00 ← 西宮方面

     今回失くした仕掛けは、私は1つだけだったが娘は5つもあったようだ。投げ釣りはサビキのようには大漁というわけにはいかないことを学んだ1日でした。

     帰ると足が真っ赤になっていました… (^_^;)

    | sallynote | 釣り | 07:15 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE