Sally's High Tension

<< 烏ヶ岳(三田)【2013.05.26】 | main | 太閤道(島本町〜高槻市)【2013.07.06】 >>
七兵衛山(六甲)【2013.06.30】
0
    JUGEMテーマ:日記・一般

     40年ぶりの音楽活動を再開したこともあって、山歩きの回数も半減。今月は2度目となる山歩きは、Tさんと。明日が出勤なので、手ごろなコースをと選んだのは七兵衛山(462m)だ。集合時間も少しゆったりめで、9:30に阪急岡本駅に集合とした。


     2013.06.30(日)、
    約束の時間に合流すると、そのまま天上川に沿って岡本八幡神社へ。神社左側の急坂舗装路をゆっくりと登って、

    八幡谷の登山口 八幡谷の登山口前で歩き支度を整えると、山道へと入った、9:50。


     山道は舗装路のような照り返しがない分、涼しさを感じる。谷底にもそこそこの水量があるようで、

    左側の2筋の滝、分かるかなぁ 少し先には2筋の滝も清涼感を増してくれた。谷を離れると笹がうっそうと生い茂っていたが、誰が手入れしてくれたのか、山道部分だけが刈り取られて歩くのには支障はなかった。


     堰堤越えの急坂が終わると坂も緩くなり、涼風の中、山の神の分岐へとやってきた、10:07。

    山ノ神(分岐です) ここで小休止。冷凍パインが汗ばんだ身体に心地よかった。


     10:15、強いて言えばここからの登りがこのコース一番の難所。つづら折れての急坂登りが15分続く。そこから山腹道を緩く登って5分で森林管理道と合流。右手の管理道には通行止めの標識がまだ立てられてあった。


     ここで小休止をとっていると、若い男性グループが下から我々を追い越して行った。我々も打越峠を目指して出発した、10:36。


     緩い登りが続いて、10分ほどで峠にやってきた、10:46。さっきのグループが休んでいたが、我々はそのまま右手の七兵衛山山頂へと進んだ。最後の急坂を登りきると、そこが山頂だ、10:53。

    ここで昼食を… そこそこ眺望もいい山頂には、先客の女性ハイカーが数人、昼食をとっていたが、我々も空いた場所に荷を降ろした。


     冷えたビールが火照った身体を冷やしてくれる。先客の女性ハイカーと入れ替わりで30名ほどの団体がやってきて、山頂は一気に騒然とした。団体は約40分ほどで出発していくと、その後を若い3人の山ガールが陣取った。猫が遠巻きに様子伺いをしていた。


     最後に山頂に残っていたのは、我々2人と猫だけとなったので、下山の準備にとりかかった。

    下山、開始 13:00、下山開始。東方向へと下った。


     杉林の中、平坦道に合流すると右へと進み、5分ほど歩くと、また林道に合流。

    正面に見えるのが木漏れ日広場 ここも右へと下ると、丸太ベンチがたくさん並ぶ「木漏れ日広場」を通過。さらに下って平行道の森林管理道に降りてきた、13:24。


    右の八幡谷へと戻ります 左へと進んで少し先の分岐は、金鳥山へと続く森林管理道を離れ、右の八幡谷へと下った。このルートを下りで通るのは2度目である。木橋を通過して少し登ったところが、山ノ神の分岐である、13:41。


    ここは右手でなく正面の山道へ 来た道をそのまま戻り、急坂の舗装道に出たのが、14:00だった。あとはのんびりと下って、14:30、摂津本山駅近くの居酒屋に入ると、冷えた生ビールで渇いた喉を潤した。


     登りも下りも約1時間半のこのコースは、十分に山歩きをしているという満足感も得られる手ごろなコースでした。

    | sallynote | 山・Tさんと行く | 06:30 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE