Sally's High Tension

<< 鍋蓋山(六甲)【2013.04.20】 | main | 唐櫃越(京都西山)【2013.04.28】 >>
奥池〜最高峰(六甲)【2013.04.26】
0
     なかなか思うように公休日に休めなかった4月。振替休日となった平日の金曜日。元々公休日のTさんとの山歩きは、5人組の下見を兼ねたもので、奥池バス停〜熊笹峠〜石宝殿〜六甲最高峰。私のマップにはルート表示がないコースだった。
     
     2013.4.26(金)、JR芦屋で待ち合わせると、8:58発の阪急芦有バスに乗車。奥池で下車するとバスの進行方向に車道を前進した、9:20。

    道標が左手に… 数分で『林山・熊笹峠を経て六甲山山頂』の古びた道標にやってきた。

    熊笹峠登山口 すぐ横には「自動車専用道路につき歩行者・自転車通行禁止」の標識も立っていた。 (^_^;)
     
     真っすぐに伸びた細い道ではあったが、しっかりとした山道である。さほど勾配もきつくなく、歩きやすい登りが続いた。5分ほど登ると熊笹の山道へと変わった。緩い勾配がさらに続いたが、歩きやすい熊笹の道は、5人組でも大丈夫そうだった。
     
    こんな山中に消火栓が… 途中、消火栓が現れたのには驚いた。(六甲の山中に消火栓?)少し先にはコンクリートの建造物も。消火栓で使う水を溜めるものかな?
     
    熊笹の山道が続きます 山道は、山腹を進んだり尾根道になったりしたが、基本的に芦有ドライブウェイに沿った登りが続いた。10:00、車道に隣接した大きな資材置き場のような所に降りてきた。車道の案内板からすると宝殿橋インターチェンジの手前200mの所だ。

    宝殿IC手前200m 資材置き場の入口を横断するように歩いた先に、また山道へと入る階段があった。
     
     熊笹道はまだ続いていたが、勾配が少しきつくなってきた。10数分登った所で、右手下に宝殿橋の料金所が見えていた。その先にはロープの張られた急坂が現れた。そこを登りきった所が、

    ここに出てきます カーブ癸隠隠犬良玄韻里△觴崙擦世辰拭■隠亜В隠粥
     
     ここから左へと車道を歩いた。最高峰のアンテナや一軒茶屋の屋根が見えていた。

    左を登って石宝殿へ 車道を歩いて10数分で小さな鳥居のある石宝殿への階段を登った。少し勾配のある山道をゆっくり登って10数分。石宝殿に到着、10:37。  西側へ回ると、土樋割峠への分岐があった。参道を下って石の鳥居を抜けると車道に出た。

    トンネルの中も歩けるそうです 正面にトンネルがあったが、トンネルの上を通る山道に進んだ。どうやら縦走路に入ったようだ、10:45。
     
     この登りも結構勾配があった。5人組ではトンネルの中を通った方がよさそうだ。5分でトンネルを越えて車道に降りてきた。車道を横断してさらに縦走路の山道に入ると、一軒茶屋や山頂が間近に見えていた。
     
    右手の坂へ 数分でまた車道を歩くと、有馬に下る魚屋道の入口を右に見ながら山頂へと続くコンクリート道に入った。最後の登りだ。ゆっくり登って大きなアンテナの反対側に山頂の標識があった、11:05。

    六甲最高峰(931.1m) 石宝殿ですれ違った外国人が横で昼食を始めていた。
     
     我々も見晴らしのいい場所に移動すると、大きな石の上に荷を降ろした。汗ばんだ身体に涼風が心地よかった。平日ということで人影は少なかったが、それでも何人かのハイカーが入れ替わりやってきた。我々の乗ってきたバスに乗っていた2人の女性が東お多福山登山口バス停で下車したのを覚えていたが、その2人も山頂にやってきた。どうやら親娘のようだ。
     
    随分近づいてくるね のんびりと昼食を楽しんでいると、黒い雲が時折現れては消えていった。そして、12:55、いきなり雨粒を感じた、と思ったら、パラパラパラと激しい音に変わり、あられも混じって激しく降り始めてきた。慌てて荷造りを終えると山頂を後にし、一軒茶屋向かいの東屋へと入った。何人かが雨宿りしていた。雷鳴も遠くで聞こえていた。
     
     少し小降りになったところで、我々は下山を開始した、13:15。

    雨中を七曲りへ 一軒茶屋横から七曲りを下った。最高峰も久し振りだが、この七曲りも随分と久し振りだった。  30分ほどで七曲りを下りきると、左の土樋割峠へと向かった。その先は舗装道を歩き、東お多福山登山口バス停に到着した、14:20。
     
     この後は、芦屋から元町へと移動し、金曜限定300円ビールの中華料理店へ… (^^ゞ
     
    | sallynote | 山・Tさんと行く | 04:26 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE