Sally's High Tension

<< 七平衛山(六甲)【2012.04.27】 | main | 丸山湿原(北摂)【2012.04.30】 >>
移籍する【2012.04.29】
0
    JUGEMテーマ:スポーツ
     

     現役引退後、11年前から再開したサッカー。40歳以上でサッカーをやろうと、市内にシニア・8チームが結成された。私にも声がかかって何年かぶりにスパイクを履いたチームは、我社とT社の混成チームだった。


     気持ちは現役時代のままだったが、長いブランクで身体がまるで別人のようになっていた。走れない…、ボールが跳ばない…。それでも仲間と『サッカーごっこ』するのがとても楽しかった。現役時代の勝負にこだわったゲームではなく、サッカーを楽しむことがこんなに楽しかったのかと、今さらながらに驚いた。


     数年後、Tさんに誘われて山歩きを始めると、持久力や筋力がそれなりに付いたのか、サッカーにもプラスに影響し、走力・持久力・キック力が思いのほか回復。さらにゲームを楽しめた。


     今は亡きSNさんから、Tさんが監督、私がキャプテンとして我社チームを託されたのは、Sさんが定年を迎える1年前(2003年)の春のことだった。当時はT社より我社メンバーの方が大勢を占めていた。


     ところが近年では我社の登録メンバーも減少してほとんどT社中心のチームとなり、混成チームの監督・キャプテンもT社に移行。それでもTさんと私は我社側の世話役として頑張っていたのだが、後継者がなかなか現れない。試合への我社からの参加もTさんと私だけ、ということも珍しくなかった。


     そこで2年前、今後の我社のシニアチームのあり方としていろいろ検討してみたが、特に反応もなく現状維持という形で現在に至ってしまった。


     そして今、試合もT社の現役から流れてくる40代が主力となったチームに。すでに定年退職したTさんと私の居場所はなくなっていた。


     シニアリーグ全体を見ても、どんどんと現役からシニアへ選手が流入してくる中で、現役のときのような勝負にこだわる試合が多くなる一方、当初からシニアサッカーを楽しむ者たちの高齢化も進み、一緒にゲームをすることの限界を感じ始めたことから、60歳以上でゲームを楽しむ大会が昨年から始まった。正に『サッカーごっこ』を楽しむ場だった。


     これを機に、Tさんと私は現チームの退部を決意することにした。しかし60歳以上のゲームに参加するにしても、どこかのチームに所属していることが条件。そこで、Tさんが卒業した高校OBと私が卒業した高校OBが合同で結成している別チームに、2人の受け入れを打診してみると快諾の返事が返ってきた。移籍が成立したのだ。


     確かに、元のチームに籍を残しての参加という方法が一番自然な流れなのかもしれないが、後継者の出現を期待した退部宣言の後での60歳以上の話しだったので、これも止む無し。

     

     そして、2012.04.29(日)の今日、その60歳以上のゲームが、市民スポーツ祭開会式の後に企画されたのだ。入場行進にも参加しての私とTさんのチームはAレッズ。他にはヤンマーOBのリサイクルズにAシニア、それに女子チーム。


     Aレッズは第2試合にリサイクルズと対戦。厚かましくも先発の2トップの1人として試合に臨んだ。今日も例のサプリを服用していたので、バテには心配なかったが、真夏のような暑さには汗が滴り落ちた。


     ゲームは、試合開始5分後に、パウリスタのストライカー、通称「センセイ」が、左側からドリブルで持ち込むと、20mほどの距離からシュート。これがキーパー越しの綺麗なゴールだった。


     10分を過ぎたころ、見方が自陣でボールを得ると攻撃に転じた。私はセンターラインを過ぎたところで、相手バックの間に位置してボールを待った。早いボールが私の前に流れてきた。すぐに反応してボールを追った。相手バックは追いついてこなかった。


     ドリブルでペナルティエリアまで来たときはキーパーと1対1だった。左に味方が並走しているのが目に入った。パスもあり得る選択肢だ。すると背後から、「勝負しろ!」と声が飛んできた。さらにワンタッチしてキーパーを確認。ボールはゴールエリアライン右角付近まで来ていた。


     精一杯の力でボールを蹴った。往年のスピードとまではいかないが、地を這うライナー性のボールがキーパーの泣き所、足元の脇をすり抜けていった。若干遅れてキーパーの手がコースに入ったが、背後でネットが揺れていた。


     久々のゴールだ! が、特にホイッスルもなく盛り上がりに欠けるが、味方からの賛辞にゴールを確信した。気持ちのいいシュートだった。その後、私は遠慮して守備に回った。ゲームはその後1点を追加して前半を終了。


     後半は出場を辞退したが、それでも厚かましく最後の5分ほどをまたゲームに出してもらった。結果は、4−2でAレッズの勝利。Tさんと打ち上げの美酒が美味しかったです。


     いつまでサッカーができるのか分からないけど、怪我をしない程度で1日でも長く『サッカーごっこ』を楽しみたいと思っています。

     

    | sallynote | サッカー | 04:29 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE