Sally's High Tension

<< 摩耶山(六甲)【2012.04.24】 | main | 移籍する【2012.04.29】 >>
七平衛山(六甲)【2012.04.27】
0
    JUGEMテーマ:日記・一般
     

     先週のエコー検査の結果を聞くだけだったので、病院が終わったら山歩きをしようと、公休日のTさんを誘っての山歩き。私は休暇を取っていたので、GWの初日である。検査結果は特に問題なしということで、待ち合わせ場所の摂津本山駅に向かった。


     2012.04.27(金)
    10:03、Tさんと合流すると、食材を調達するためグルメシティに立ち寄り、アテとなるものを購入。天上川を山手へと向かった。快晴の夏日ですぐに汗ばんでくる。岡本八幡神社の左側を進むと、急坂のアスファルト道がさらに汗をかかせてくれた。


     八幡谷へと入る登山口で歩き支度を整えると、いざ出発。木陰が多いので比較的快適に歩けた。涼風が心地よかった。八幡砂防ダムと第2八幡砂防ダムを過ぎると急坂も少なく、登山口から15分ほどで山の神の分岐にやってきた。


     数分の小休止を終えると、急坂に取り掛かった。つづら折れの急坂は、真夏には堪えるが、風が涼しくてバテずに登りきることができた。つづら折れから緩い傾斜の山腹道を進んでいくと、森林管理道と合流。山の神から20分ほどだ。


     さらに直進していくと、10分ほどで打越峠へとやってきた。休まずに右へと折れて、すぐの七平衛山山頂へと続く右手の山道に入った。ここから5分ほどで七平衛山山頂に到着。石組みで綺麗に整備されたベンチがいくつかあって、1人いた先客の上部にあるベンチに荷を降ろした、11:00。


    山頂からの眺望 平日だというのに我々以外のハイカーも何組かやってきた。スーパーで購入したお惣菜以外に鶏やめざしを網焼きに、今回も3時間半という長い時間が経過した。終盤には、この辺を縄張りにしている?猫が1匹やってきたので、めざしや鶏の骨をエサに交流?を楽しんだ。


     14:30、下山開始。金鳥山へと向かった。途中、森林管理道の一部が崩落していたが、なんとか歩くことができた。木陰が多く、汗ばんだ身体に涼風が心地よかった。


    金鳥山展望所からの眺望 金鳥山の展望所でしばし休息をとると、保久良神社を経由して八幡神社へと戻ってきた。阪急岡本の南側で何の撮影なのか、幼稚園児を含む30人ほどのエキストラがスタッフの指示で待機しているところに通りかかった。少し興味もあって様子を見ていると、西日の逆光の中、引率の女性と園児が歩くシーンを撮影しているようだった。


     で、16:00、我々はいつもの○将に入って、さらに一杯…。
    (*^^*)

     

    | sallynote | 山・Tさんと行く | 04:27 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE