Sally's High Tension

<< 炭ヶ谷〜森林植物園(六甲) 【2008.01.19】 | main | 黒栂谷ルート(金剛山) 【2008.02.09】 >>
三峰山(奈良・御杖村) 【2008.01.26】
0
    暖冬だといわれる中、珍しく寒波がやってきたので樹氷を期待してEさんを金剛山に誘ったら、三峰山(みうねやま)に行こう、ということになった。急遽決まった2年ぶりの三峰山(1235m)は奈良と三重との県境にある山だ。

    HPで山頂の積雪が50cmという情報に、お昼も簡単に済ませられるようにと打ち合わせも終え、前日のサッカー部の宴会も珍しく飲むのを抑えて早めの帰宅。準備にも万全を期して床についたのだが、何度も目が覚めて、トータル5時間足らずの睡眠。

    2008年1月26日(土)。それでも5時に起床。食事を済ませ、荷造りを終えて早めに家を出た。予定より1本早い尼崎駅7:03発の快速で大阪に向かうと環状線で鶴橋駅に到着したのが、7:26。二日酔いがない分、体調は良さそうだった。

    Eさんと合流すると近鉄線の改札を通って7:56発青山町行き急行に乗車。どの車両にもリュック姿の乗客がけっこう乗っていた。8:46、榛原(はいばら)駅に着くと、多くのハイカーが一斉に下車したのにはびっくり。

    改札を出ると右側の南出口の階段を下り、奈良交通臨時バス三峰山霧氷号の受付で往復の乗車券を購入。左手の少し離れたところでは高見山行きの受付をしていた。2人がバスに乗り込むとすぐに満席となった。予定の時刻(9:15)を待たずにバスは発車した、8:57。

    しばらく走っていくと田畑の水溜りがみんな凍てついていた。車窓は車外の寒さを表すかのように次第に曇ってきた。進むにつれ、田畑にも白いものがちらほらと見えてきた。国道369号を走るバスが御杖村(みつえむら)役場を通過し、少し先の「みつえ青少年旅行村」の標識に従い右へ直角に曲がると正面に白い三峰山が見えた。
    この日の朝9時の映像(御杖村HPより) 山頂の雪と樹氷に思いを馳せると胸が躍った。

    9:52、みつえ青少年旅行村に到着。休憩所で入念な歩き支度を終えると、10:07、次の臨時バスがやってくる中、スタート。バスの来た道を戻るように車道を歩いた。少し歩いていくとコンクリート橋を右折。ほぼ平坦な舗装道を進んでいくと右手に木の橋が見えてきた。

    この橋が尾根ルートの始まり この時点でまだ不動滝コースで登るか尾根コースで登るか決めていなかったが、結局初めての尾根コース「登り尾登山道」に決定し、ここでアイゼンを。久しぶりの装着に少々戸惑ったがなんとか装着し、10:28、出発。

    山頂まで3600m。橋を渡って山道へと入った。薄暗い林道の中、丸太階段を登り山腹道の上り坂を進むとすぐにまた丸太階段。つづら折れて急坂を登った。途中、暑くなってきたので上着を脱いだ。しばらくはつづら折れと山腹道を繰り返した。

    山頂まで2900mの標識を通過するとやがて林道を抜けて平坦な舗装道へと出てきた。左前方に勇壮な白い山が視界に入り、我々を圧倒した。
    ここで小休止 右手に小屋があったのでここで小休止、10:58。中に入ると何人かのハイカーが休んでいた。みんな汗だくだったので身体から発散する湯気で小屋の中が白くくすんでいた。

    休みを終えて一旦小屋を出たのだが雪が吹き付けてきたので小屋に戻って雨具を羽織り、再度小屋を出発、11:11。舗装道から正面の丸太階段を登りつめると尾根を緩く登った。次第に山道が雪で見えなくなってきた。11:24、山頂まで2300m。尾根歩きが終わるとまたつづら折れた急坂道。この辺りでは積雪はまだ2cm前後だった。

    このコースは、尾根歩きが終わると急坂のつづら折れになり、登りきるとまた尾根という繰り返しが続いた。昨夜の宴会でセーブしたのが功を奏したのか体調はよかった。やがて20cmほどの積雪が見られ始めた。

    11:35、山頂まで1850m。尾根を歩いていると急に左に視界が開けた。
    左:倶留尊山、右:大洞山 倶留尊山(くろそやま)から大洞山(おおぼらやま)が、その下には御杖村が見渡せた。次第に雪がソフトになり、枯れ木を覆い隠していた。見上げると5mmほどの霧氷が付いていた。

    11:49、つづら折れが終わると山頂までの最後の長い尾根歩きが始まった。すぐに山頂まで1600mの標識を通過。11:56、もう無いと思っていた丸太階段が現れた。ここにきての階段は少々堪える。登りきったところで1200mの標識を通過。その先にはお地蔵さんが。

    12:01、左上に見覚えのある小屋が見えてきた。不動滝コースから登りきったところだ。積雪は前回より遥かに多いのだが樹氷の方が今ひとつという感じだった。さらに尾根を緩く登っていくと次第に綺麗な樹氷が現れてきた。樹氷のトンネル歩きが続いた。

    三峰峠へ 12:16、新道峠・八丁平との分岐(三峰峠)は左の山頂へと進んだ。
    樹氷のトンネルを… かなり雪が積もっていた。八丁平との分岐は左の山頂へ。さらさらした雪はアイゼンの効果を無視して、時折足が取られた。

    木曽御岳が見える眺望ポイントでは雲に視界を遮られた。山頂到着! そして山頂に到着、12:31。雪上にシートを敷いてお弁当を食べるハイカーたちが何組もいた。曇っていて視界はなかったが樹氷は立派なのが何本もあった。

    曇り空でも… 時折、陽が射して…

              綺麗〜! 

    12:34、一通り撮影を終えると八丁平へと向かった。さらさらの雪上を緩く下っていくと、5分ほどで八丁平に到着。ここも見事な樹氷が一面にあった。雲は上空にあって周囲の視界を遮ることはなく、絶景を見せていた。時折陽光が当たるとグレーの樹氷たちが一斉に眩しい白に輝きだし、周囲に歓声が沸いた。

    12:45、低木の樹氷の陰に荷を降ろして昼食開始。さすがに缶ビールを飲む気にはなれず、コンロで湯を沸かしお酒の燗を準備した。Eさんの持参してきたお湯をもらってカップ麺をすすった。

    恐らく気温は氷点下6〜7℃。手足の指の感覚が次第になくなってきた。お酒もそこそこに、沸かしていたお湯を雪で薄めて指を温めた。もう長居はしていられない。無造作にリュックへ詰め込むと、13:17、腰を上げた。

    山頂を右に樹氷を満喫しながら八丁平を緩く下り始めた。

    自然の… 芸術〜!

         綺麗なぁ…

              別世界だ…

    深い雪の中を歩いていくと遠く高見山(1249m)が白く見えていた。
         あっちも綺麗だろうね

    13:33、新道峠との分岐は右の不動滝コースへと続く山腹道を下った。もう立派な樹氷はなかったが雪はまだ深かった。少し下ったところで目がチクリと痛んだ。強風に飛ばされて舞い散る霧氷の細かな粒子が目に入ったのだ。

    13:38、小屋に到着。小屋の右側から丸太階段を少し登り、2つ目の小屋の右側から前回登ってきた不動滝コースを下り始めた。山腹道の下りからすぐに丸太階段が始まり、何度もつづら折れて下った。

    13:55、山頂まで1500mの標識を通過。山腹道を歩いていると見覚えのある山頂まで2100mの標識へとやってきた、14:08。ここで短い小休止。小屋からずっと数えていたつづら折れた回数は33回だ。

    さらに下っていくと、前回には見覚えのない大きなダムが右手に見えていた。小さな沢を渡り、林道へと入ると平坦な山道が少し続いた。14:19、右手上空に白い三峰山が見えていた。その先のネットを通過するとまたつづら折れた下りがはじまった。滝の音が聞こえていた。

    14:24、2つ目のネットを過ぎると不動の滝が現れた。もう終盤だ。最後の急坂を下って鉄板の橋を渡ると小屋を横切り、2つの鳥居を通過。さらに山道を緩く下ってアスファルト道へと出てきた、14:31。不動滝コースの終わりだ。つづら折れた回数は45回(多分)だった。

    後はのんびり青少年旅行村に向かって歩くだけだ。十分バスに間に合う時間だった。朝渡った尾根ルートへと入る橋を左にさらに直進。コンクリート橋を渡って左折。そしてバス停のあるみつえ青少年旅行村に到着、15:00。先行して帰るバスが発車するところだった。最終バスは16:00だ。結局今日の歩程は約10kmだ。

    横の休憩所で服を着込むとリュックの中身を整理し、落ち着いたところで焼酎で乾杯。次のバスを待った。寒かったが早めにバスを待つ列に並んだ。やってきたバスに乗車すると最後部に座った。満席になるとすぐに発車した、15:45。

    やってきた乗務員に朝買った乗車券を渡した。後はゆっくりお酒で乾杯だ。乗客の中でお酒を飲んでいるのはどうやら我々だけのようだった。(^_^;)

    16:37、榛原駅に到着すると、16:46発上本町行き急行に乗車。ゆっくりできないというEさんと大阪駅で別れると、私は尼崎駅まで帰り、行きつけの立飲み屋へと向かった。

    バスの中で三峰山のリピーターらしき男性が、
    「今日みたいに綺麗に見えるのは初めてだ!」 と言っていたが、2回登って2回とも綺麗に見られたということは、かなり珍しいようだ。
    ラッキー (^_-)-☆
    | sallynote | 山・Eさんと行く | 15:09 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE