Sally's High Tension

<< ショック… | main | マインドコントロールのすすめ >>
エスカレータ
0
    まだ、スクールでギターを習ってた頃。サリーがスクール生発表会で3回目の挑戦をするときのことやった。

    その発表会の場所は、「いかりライクスホール」っちゅうて、阪急塚口駅北側にある「いかりスーパー」のビルの4階にあるホールで開催されることになっとったんや。サリーは、当時ロスタイムっていうバンドで一緒にやってたサックスのY氏と一緒にプレイすることになってたんよ。

    お昼ごろにリハーサルが終わって、地下にあるレストランでY氏と一緒に食事をとるため、4階から地下までエスカレータで降りていったんや。特に1階から地下までのエスカレータは、そのビルでも一番距離が長かった。言い換えると地下の天井がかなり高かったってことなんやけど。

    1階まで降りてきて、地下に向かうエスカレータに乗ったとき、下からエスカレータで上がってくる6〜7歳位の一人の女の子が、手すりに乗って遊んでたんが目に入ったんよ。サリーは、危ないことして遊んどるなぁ、位にしか思わんかった。

    長いエスカレータの中央付近で、サリーとその女の子はすれ違ごぉたんやけど、なんか気になってずっとその女の子を見てたんよ。このとき、サリーが声さえかけとったら…

    女の子は手すりの上に乗っかるよぉにして、自分の身体が上がっていくんが面白かったんやろぉけど、もうすぐ1階ってところで壁に身体が挟まってしまうような格好になって、バランスを崩したんや。(ヤバイ!)

    サリーは踵を返して下りのエスカレータを上りかけたんやけど、そのときはもぉ遅かった。その子は高いエスカレータの上から、そのまま下に落下してもぉたんや。鈍い音が館内に響いた。垂直距離にしたら10m以上はあったやろか。

    慌てて下に降りて落下現場を見ると、女の子が身動きもせんと倒れてた。急いで近くのレストランの従業員に連絡して、救急車を要請したんや。すぐ現場に戻ってその子に近付いてみたんやけど、へんに動かすのも怖かったし、救急車を待つことにしたんや。

    けど、この子の親はどぉしたんやろ、って思ってたらレストランから数人の女性グループが駆け寄ってきたんよ。で、そんなかの一人の女性が悲鳴のような声をあげて倒れてる女の子に駆け寄ってきたんや。正直、サリーはその親に腹立たしさを覚えとった。なんでもっと気ぃつけんかったんやろ。おばはん連中の会話に夢中になっとったんやろぅけど。

    その子が落下した場所っていうのは、普段は池になってて深さ数十cmの水がはってあったんやけど、その日は偶然なんか池は空っぽでタイル張りの底が剥き出しやった。水があったら少しはクッションになってたやろに。

    やがて救急車がきて、その子を運んでいった。その子のその後はどぉなったんか分からへんけど、後味がごっつ悪かった。その後、Y氏と二人で昼食をとったんやけど、食欲なんか出んかった。発表会も上の空やった。サリーはずっと後悔し続けてた。あの時、一声かけるだけであの子は助かってたのに…。

    サリーが子供を亡くして5年後のことやった。それからは、危ない遊びをしてる子を見ると、親がおってもできるだけ叱るよぉにしてるんよ。うるさいおっさんやと思われても、ね。。。
    | sallynote | 事件簿 | 14:16 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE