Sally's High Tension

<< 猪名川ウォーク 【2007.06.16】 | main | 中山(宝塚) 【2007.07.07】 >>
岩湧山 【2007.06.30】
0
    「雨」の予報が「曇り後晴れ」に変わり直前に決定した3度目となる岩湧山(897m)。暑さが気になりグルメ控え目ということで荷物を少なめに準備を終えた。早朝に見る山々はかなり霞んで見えていたので眺望は期待できそうもなかったが、その分日差しに悩まされることはないように思えた。

    2007年6月30日(土)。JR尼崎7:32発の快速で大阪に。地下鉄に乗り換え、南海難波駅改札口に到着したのが7:57。Eさんと合流すると、8:12発橋本行き急行に乗車。8:30に河内長野駅に到着した。

    駅ロータリーの一番奥にある7番乗り場に着くと滝畑ダム行き南海バスを待った。やってきたのは小さ目のバスだった。座席はハイカーでほぼ満席となり、定刻の9:03にバスは発車した。

    9:44、滝畑ダムバス停に到着。今回は下山も滝畑ダムということで、帰りのバスの時刻を確認。バスの進行方向に足を伸ばし、売店奥のトイレ前で歩き支度を終えると、
    トイレ横の登山口 9:54、スタートした。

    雑草の生い茂る悪路の山道は蒸し暑くすぐに汗が出てきた。急坂の丸太階段を登りきると、林道を横断。さらにダイトレルートを登り続けた。汗が滴り落ちてきたが風が涼しくて心地よかった。10:05、最初のベンチで給水の小休止をとった。2人ともすでに汗だくになっていた。

    涼しい山腹道を登る 数分の休憩を終えると、林道の中の山腹道を緩く登った。丸太の柵の山腹道を過ぎると水場を通過、10:13。その先は緩いアップダウンの山腹道が蛇行するように伸びていた。細い山道には雑草が伸びていて歩きづらかった。汗が帽子の縁から途切れなく落ちてきた。

    10:20、山道が左へ直角に折れるあたりから疲労がかなり溜まってきた。汗が滝のように流れていた。10:24、山腹道の途中、堪りかねて石に腰を掛け3分の小休止をとった。

    一直線の長い登りが続いた後、一旦平坦となった山腹道。正面にベンチが見えていた。またベンチで小休止、10:35。バナナを半分頬張り、びしょ濡れのシャツを脱いだ。5分ほどの休憩を終えると出発。バナナ効果か、日影の山腹道を元気に歩けた。

    見晴らしのいい山腹道 10:45、南葛城山の見渡せる眺望のいい山腹道へとやってきた。やがて石段を登り、急坂階段を登りきって折り返すと直線的な尾根道を歩いた。谷筋を左から巻くように杉林を抜けるといよいよ終盤の階段が間近に感じられてくる。どこかでキツツキの木を叩く音がしていた。

    日の差し込まない薄暗い山道を歩いていると、こんなに長かったかな…という感じがしてきた。するとEさんもこの道に記憶がない、という。山道は1本道なので迷う心配はないのだが、不思議な感覚だった。林道を抜け階段を登ると少し明るい山道になった。

    直登の階段だ 11:07、いよいよ林道の中の直登階段へとやってきた。給水後、ゆっくりと登りはじめた。また汗が滝のように流れ落ちてきた。
    あちこちで百合の花が… 階段を折り返すと木の切り開いた尾根をゆっくりと登り、鉄塔を潜り抜けるとまた薄暗い林道へと入った。遠雷が微かに聞こえていた。

    11:26、見覚えのある木の根の尾根道へとやってきた。心地よい風の涼しさが体力を維持してくれているように思えた。11:32、いよいよ山頂へと続く階段にやってきた。周囲は一面ススキの緑に覆われていた。ススキの長さは1.5mほどだった。爽快感のある階段をゆっくりと登り続けた。
              あそこが山頂だ
    山頂のモニュメント 11:50、ようやく山頂に到着。幸いにもベンチを確保。荷を広げると先ずは冷えた缶ビールで乾杯。コンビニ弁当を広げた。霞みが多く眺望はなかったが、それでも周囲の緑の草原が爽快感を演出してくれていた。山頂のいくつかあったベンチはすぐに満席となった。

    一面のススキ…
    秋には一面の銀穂に…

    山頂は次第に霞みが増して、時折雨も落ちてきたが昼食を中断するほどではなかった。炙ったジャコ天に焼酎のロックが美味しかった。かなり満腹となったところで荷造りを終え、来たルートをゆっくり戻った、14:10。
    いよいよ…下山開始!

    頂上からの階段を下りきるころから、また汗が流れてきた。鉄塔を通過し、
    下りでも汗が… 林道の急坂階段を下った。逆ルートで歩くのは今回が初めて。新鮮さが感じられた。やがて見晴らしのいい山腹道へとやってきた、14:50。南葛城山の雄大さは何度見ても圧倒される。

    15:10、ベンチで小休止。バスの時間には十分に間に合うことを確信すると下山スピードを落とした。直角のカーブを通過し、水場を通過、15:26。

    15:32、最初に休憩したベンチで小休止。林道を横断し雑草の生い茂る山道を下っていくと、
    登山口に咲いた紫陽花 15:43、登山口に帰ってきた。トイレを済ませバス停に到着すると河内長野駅行きのバスが停車していた。

    16:09、バスが発車。河内長野駅に着くと、17:06発難波行き急行に乗車。難波で無事下山の乾杯で、美酒に酔いしれた。

    夏は山歩きに向かないよね。なんせ暑いわ…^_^;
    | sallynote | 山・Eさんと行く | 15:36 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE