Sally's High Tension

<< 菊水山(鈴蘭台) 【2007.06.02】 | main | 猪名川ウォーク 【2007.06.16】 >>
東お多福山(六甲) 【2007.06.10】
0
    他の山歩きを見ていて、「俺にもたまには美味いもん食わせろ」 と言われ、奮発?して満月の焼肉を用意したEさんとの山歩き。コースは、東お多福山登山口バス停〜東お多福山〜雨ヶ峠〜風吹岩〜金鳥山〜摂津本山駅。膝が痛いと言っていたEさんのために、と考えた楽チンコースだ。

    2007年6月10日(日)。土曜の大雨に天候が気になっていたが、朝の快晴にやれやれという思いで日焼け止めクリームを丹念に塗りこんで家を出た。JR尼崎9:12の快速に乗り込むとEさんと合流。芦屋駅でWCを済ませて南側バス停へと向った。予定では9:33のバスだったが、すでにバスが乗客を乗せていた。奥池行きの臨時バスがきていたのだ。9:30、多くのハイカーを乗せたバスが発車した。阪急芦屋川駅でさらにハイカーが増えて満員となった。

    9:47、東お多福山登山口バス停に到着。歩き支度を終えるとスタート、9:51。左の舗装道を緩く登り、次の分岐は左へと緩く下り、車道が左へ大きくカーブするところで右の細い舗装道を直進した。

    9:58、標識に従い左手の小川を渡ると山道へと入った。日陰の多い雑木林の涼しい山歩きだったがすぐに汗が流れ出てきた。
    悪路のV字 やがて熊笹のV字悪路が現れた。一旦、雑木林の山道に戻ったもののすぐにV字道が続いた。やがて木々がなくなり熊笹だけのV字となると山頂の近さを思わせてくれた。
              奥池が見えてきた
    急坂が終わり緩い登りの山道となった。深い熊笹は長いもので3m以上はあると思われた。そして、10:29、山頂に到着。何人かのハイカーが休んでいた。前回、Eさんをここに連れてきたときはあいにくの曇り空だったが、今回はまあまあの快晴でくっきりとした眺望が楽しめた。

         西宮〜尼崎方面

    10:35、景色を堪能すると下山開始。ゆっくりと西の草原を下った。Eさんは、
    「六甲にこんなところがあったとは知らんかった。岩湧山に雰囲気がよぉ似とるなぁ」 と周囲の景観に大満足といった感じだった。下山するのがもったいない、といった感じでゆっくり歩いていたが、空の雲がだんだんと黒く変わってきたのが気になっていた。

    草原を下る
         気持ちいい草原だ
              振り向けば…

    草原歩きから急坂の階段を下りきるとハイカーで賑わう雨ヶ峠へとやってきた、10:57。さらに下っていくと次から次へと団体のハイカーが登ってきていた。徐々に周囲が暗くなってきていると思っていたら、遂にポタポタと雨粒が落ちてきた。

    11:11、次第に本格的な雨となってきたので、立ち止まってポンチョを羽織った。雨はしっかりと降り続けていた。それでも団体のハイカー集団と次々にすれ違った。あいさつがだんだんと億劫になってきた。

    水場を通過し、猪避けフェンスを抜けるとゴルフ場のアスファルト道を横断。さらに2つ目の車道を横断して猪避けフェンスを抜けるとそこが分岐だ。ここは風吹岩を目指して直進。岩場登りが何ヶ所かあったがスリップの心配はなかったものの、ぬかるみが増えてきた。

    横池との分岐を通過し打越山への分岐も通過すると風吹岩の鉄塔が視界に入った。遠雷が響き始めていた。11:52、風吹岩に到着。ここにも多くのハイカーが休んでいた。雨の止む気配はなかった。

    我々は休まずに鉄塔下から下山を続けた。岩場下りが始まった。いつもの岩へのストレスはほとんど感じなかった。岩場下りを終え、12:00、分岐を金鳥山へと進んだ。山腹道の緩い下りが続いた。数分で次の分岐に。魚屋道を離れ、右の金鳥山へと進んだ。

    下りは徐々にぬかるみで滑りやすくなってきた。12:20、森林管理歩道との分岐に到着。もうすぐだ。靴底に泥が付きだして歩きづらくなってきた。

    12:25、金鳥山広場に到着。右手のベンチへと進んだ。木にポンチョを掛けてテント代りにしようとしたがあんまり効果はないように思えた。それでも荷を取り出してミニグルメの支度に取りかかっていると、周囲が徐々に明るくなってきた。雨も小粒になってきた。それなら最初の予定どおり下の展望所に移ろう、と荷を詰め直してまた出発、12:52。

    足元が滑りやすく慎重に下ってようやく展望所へとやってきた、12:57。ところがカブスカウトの集団が先に占拠しており半ば諦めかけていると、一つだけベンチが空いているのを発見。そこに荷を降ろした。やれやれだ。まだ小粒の雨が降っていた。とりあえず缶ビールで乾杯すると雨の上がるのを待った。

    カブスカウトたちは雨のために予定していた料理を断念し、カップ麺で昼食を済ませることになったようだ。次第に雨も上がってきたので、いよいよ焼肉の開始だ。白い煙がもうもうと立ち上がっていた。子どもたちに背を向けて焼いていたのだが、きっと子どもたちは羨ましがっているのだろうなと、申し訳ない思いもあったのだが、美味しい肉を頬張るとそんな気持ちもすぐに消えうせた。背後で、
    「焼肉や…」 の声にもノンリアクション…。^^;
    久しぶり〜(^。^) ほぼ2年ぶりの満月の肉は相変わらず美味かった。

    Eさんには野菜をお願いしていたら、なんと種類の多いこと。椎茸・さつま芋・人参・ナス・ししとう・南瓜・アスパラ・蒟蒻…。栄養バランス満点だ。

    ベンチから見る芦屋の市街地 やがて静かになった広場に、下山してきたハイカーが次々とベンチに腰を下ろして休んでいった。我々も食べ尽くしてしまうと徐々に帰り支度を始めた。15:13、出発。靴には泥が分厚く付着し、一層滑りやすくなっていた。

    慎重に下山していくと保久良神社に到着、15:23。
    やっぱり…
    紫陽花には… 雨が似合うね
    紫陽花が綺麗に咲いていた。WCを済ませ、さらに山道を慎重に下った。雨が時折落ちてきた。慎重に下っていくとコンクリート道の急坂に出てきた。山道の終わりだ。後は公園を抜けて車道に出ると、右の「みそぎばし」を渡り、川沿いを下って摂津本山駅を目指した。

    が、途中、王将の看板が目に留まると迷わず店内へと入り、また乾杯を…(^^ゞ

    今日のコース、Eさんも大満足のようで、よかったです。(^o^)丿
    | sallynote | 山・Eさんと行く | 12:36 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE