Sally's High Tension

箕面
0

    JUGEMテーマ:日記・一般


     紅葉が見たいと言うマダム。少し山に慣れてきたと思い、箕面へ。コースは、昨年4人組で歩いた箕面駅〜地獄谷(谷道)〜こもれび展望所〜雲隣展望台(昼食)〜箕面大滝〜箕面駅を歩くことに。歩程約7kmの一般向けコースだ。

     2018.12.1(土)、阪急で十三〜石橋と乗換え、箕面駅で下車。駅は多くのハイカーで賑わっていた。天気も上々で紅葉も期待できそうだ。WCを済ませて出発、10:02。

     大滝へと通じる舗装された山道へと入った。ハイカーより外国の観光客の方が多いように感じられた。みんな立ち止まっては撮影に没頭。私も撮影に何度も立ち止まった。








     見覚えのある分岐で、右へと下り山本珈琲館横の楓橋を渡った、10:22。ここから箕面川左岸を進む。川のいたる所で倒木が散乱していた。台風24号の爪痕だろう。緩いアップダウンを繰り返し、姫岩の狭い隙間を抜けた所で小休止。汗を拭って上着を脱いだ、10:35。

     出発して緩い階段を上っていくと分岐に。ここから長い階段が続く地獄谷の登りだ。暑い暑いと何度も立ち止まっては汗を拭くマダム。20分ほどかけて舗装道に出てきた。ゴミ拾いをしているボランティアのグループがゴミの整理をしていた。

     車道を左に折れ、右手の山道に入ると緩い登りが始まった。途中、分岐があって直進は谷道コース、左は尾根道コース。ここは左を選択した。登りがしばらく続いた。マダムも頑張ってついてくる。ここは私も初めて歩くコースだ。

     尾根道になると緩いアップダウンを繰り返した。 右手の地獄谷(谷道)との合流点を過ぎ直進した、11:20。
     

     さらに歩いて“こもれび展望所”に到着、11:35。場所は先着のハイカーに占領されていたので、そのまま “雲隣展望台”を目指しすことにした。

     が、“雲隣展望台”へのルートが思い出せない。2人の女性ハイカーがすぐ横の下る山道に降りていったのでつられるように後に続いた。先を行く2人が立ち止まってツーリング中の男性と話し始めたので追い越して先に下ったものの、すぐに舗装道へと降りてきた。道標もなく、右へと下ることにした。ここは見覚えがない。

     一向に山道に入る所も現れず、左手に資材置き場らしき空き地。この広場で昼食することにした、11:50。上着を羽織ってリュックから食材などを取りだした。前回に続いておでんを美味しく頂戴した。

     缶ビール1本で終えた昼食を1時間で終えると出発、12:53。さらに舗装道を下っていくと、男性が1人前を歩いていた。現在地が分からず少し不安になってきたが、このまま南へ下り続ければなんとか帰れるだろうと思い、男性の後に続いた。

     (途中、右側の県道沿いにあった紅葉)

     やがて車道(県道43号線)に合流すると、前の男性が右手の「風の杜」へと通じる舗装道へと入っていったので、後を追ってみた。





     駐車場周囲の鮮やかな紅葉に見とれていると、男性は行き止まりと思える「風の杜」へと進んでいった。この施設の利用者だったのかと思い、戻って車道を下ることにした、13:22。

     結構交通量の多い歩道のない車道は、歩き辛く車にも迷惑をかけているようで心苦しい。10分ほど下ったところで、ふと、スマホのマップで現在地がつかめることに気づき、早速確かめてみた。西方向(右手)に昆虫館の表示があったので、右手の山道を求めて車道を下っていると、その右手に山道が現れた。

     迷わず山道を緩く登り始めた。すると上から若者のグループが走るように下ってきた。何かのトレーニングなのだろう。これで箕面川方面に抜けられると思い安心感が湧いてきた。

     10分ほど登っていくと、何かの施設の駐車場へと出てきた。すると背後でマダムが、
     「これ“風の杜”やんか」 と。なんとさっきの所に戻ってきたのだ、13:42。さっき後を追っていた男性はここを抜けたのだろう。少し落ち込んだが仕方なく来た道を戻る。

     車道を下り始めてすぐ先のヘアピンカーブの右手に平坦道が伸びていた。その先に展望台が見えていた。“聖天展望台”だった。なんとか戻れると確信した、13:55。

     展望台からの歩きやすい舗道をつづら折れて下っていくと、西江寺の分岐に。ここは直進して下っていくとようやく滝道へと戻ってきた、14:07。かなり疲れたが、せっかくここまで来たのだから滝を見て帰ろう、ということで午前に歩いた滝道をまた歩き始めた。



     思い足に鞭打って賑わう滝道を緩く登って、ようやく大滝に到着、14:50。

     ごったがえした周辺にいつまでもいるのも疲れるし、撮影を終えるとそそくさと来た道を戻ることにした。

     するとすぐ先で頭上を指さすもの、撮影をするもの、つられて見上げると猿が1匹、木の枝で何かをつまんでは口に運んでいた。私も思わず撮影した。



     なんとか頑張って歩いてようやく箕面駅に到着、15:30。いやはや疲れました。しっかり下調べをしておかないと…(反省)。

     家を出てから帰宅するまでに歩いた距離は、15.3km。歩数は、約2万7千歩。マダムには申し訳なかったです。

     

    | sallynote | 山・マダムと歩く | 19:38 | comments(0) | - | - | - |
    五月山(池田)
    0

      JUGEMテーマ:日記・一般


       歩くことに少し慣れてきたマダム。簡単な山を手始めにと箕面連山の西端の五月山(315.3m)を案内した。低山だが歩程は約7kmの家族向きコースだ。

       2018.11.3(土)、9:30、家を出発。阪急電車で池田へと向かった。駅に着くとすぐに出発、10:20。改札を右へと長い通路を進み、市役所手前を北へ。すぐに右へと折れて池田小学校の南を東進。

       2つ目の信号を左へ。辻ヶ池公園を超え、広い通りを右へと折れる。次の信号を斜め左へと入ると、「やまざくら通り」へ、10:32。通りは少しずつ上る。道なりに北上を続けた。

       五月丘団地の中を抜け「五月丘」交差点を直進、10:50。次を左折する民家に面した山側の斜面がブルーシートで大きく覆われていた。

       台風の影響だろう。五月山へと登る緩い登りのコンクリート道を登って、駐車場で小休止、10:55。マダムはかなり汗をかいている様子だ。

       数分立って出発。右手の階段を登り始めた。「五月平高原コース」の始まりだ。階段が苦手なマダムのためにかなり遅いペース進んだ。休み休みで登ったが、それでも「暑い、暑い」を連発するマダム。

       階段も緩い登りに変わって分岐を右へ進むと、大阪平野が一望できる大文字火床の上部にやってきた、11:20。ほとんど雲のないと快晴の空の下、眺望はかなりよかった。





       背後の展望台に登ると片隅のベンチをテーブル代わりにして荷を降ろした。マダムはしきりに汗を拭いているが、わたしはおでんの支度にとりかかった。鍋にパックのおでんを入れ、追加の具材に昆布や出汁を入れていると、
      「そんなんまで持ってきてたん?」 と驚いていた。

       どこからかマイクを通した男性の声が聞こえてくる。何かの訓練のようだ。展望台には何組かのハイカーが上がってきたが、その中の一人の男性がおでんを肴に日本酒を飲んでる私の近くにやってきて、
      「よろしいね!」 と羨ましそうに声をかけてきた。

       鍋を平らげる頃、展望台の反対側で定点撮影をしているのか三脚の立派そうなカメラに暗幕を被せて覗きこんでいた自称カメラの専門家(?)という男性が、我々に近寄ってきていろいろと話しかけてきた。

       荷造りを終え、眺望をバックにマダムの写真を撮ろうとしていたら、カメラの専門家が、
      「2人を撮ってあげよう」 と申し出てくれたので、甘えることにした。

       12:52、下山開始。展望台の奥にある遊歩道を進み、WCを済ませると、道路と並行する山道を西に。下りが始まるところで、通行止めのバリケードがあった。不安に思っていると、下から登ってきたハイカーがいたので、我々も安心して下山を始めた。

       確かに倒木がいたる所にあった。

       吊り橋にも大木が倒れていて通行はできなかった。一旦車道に出てその先を下っていくと分岐に、13:45。ここは左の「ひょうたん島コース」へと下った。このルートには倒木がなかったので快調に下り続けた。まだマイクの声が聞こえていた。

       やがて平坦道へと降りてくるとすぐに「緑のセンター」へやってきた、13:47。休まず通り抜けると府道9号線を西に進み、体育館手前を左折。

       池田城跡公園にやってきた、13:57。

       マイクの音源はここだった。イベントが今終了したようで、忍者姿の男女がそこここで記念撮影に応じていた。ここもすぐに出ていくと、「さくら通り」を南下し、池田駅に戻ってきた、14:15。

       階段は苦手なマダムだけど、次は紅葉狩りに六甲を歩きましょう。

      | sallynote | 山・マダムと歩く | 20:33 | comments(0) | - | - | - |
      廃線敷跡ハイキング(武田尾)
      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

         昨年の12月に退職したマダム(私の妻です)。毎日が退屈で運動不足を気にしていたので山歩きを提案してみた。以前は拒否していたマダムもようやく重い(?)腰を上げ、衣服と装備を準備するとその気になってきたようだ

         いきなりの山は無理だというので、先ずは5人組で6月に歩いた六甲アイランド(人工島)の中にある遊歩道ウォーク(1周4kmの平坦なコース)を歩き、2度目は新神戸駅の背後にある布引の滝を案内した。さすがに急坂の階段には悲鳴をあげていたが、徐々に慣れていくだろう。そして、3回目は、山ではないが旧福知山線の廃線跡を歩くことにした。

         2018.10.14(日)、9:55、生瀬駅に到着。整備されて廃線敷跡を歩くハイカーが増えたため4〜50人ほどのハイカーがホームに降り、その半数以上がWCに行列をつくった。我々も行列に並び、歩き始めたのは10分後の10:05だった。

         ミーティング中の高齢者の団体をすり抜け、線路沿いに三田方面へと歩くとすぐにJRの高架を潜り、176号線を武庫川に沿って北上した。しばらくは行き来の多い車道の側道を歩いていたが、

         真新しい横断歩道を渡ってつづら折れた舗装道を下ると、

         廃線敷跡の始点にやってきた、10:25。

         新しい廃線敷跡のコース案内版を通過すると枕木の残る廃線敷きが直線的に延びている。ここから武田尾まで約5.5km。山は無いのでマダムも歩けるだろう。併走する川が武庫川だと知って驚いていた。

         武庫川に横たわる荒々しい岩石と清流を眺めながらの廃線敷き歩きが10分ほど続いたところで、

         最初のトンネルにやってきた、10:37。ここでヘッドライトと手持ちライトを準備し、トンネルへと入った。

         ライトがある割には暗いなぁと思っていたら、サングラスが原因だと気づき、眼鏡を手にした。以前はもっと歩き辛かったが整備されているので安心して歩ける。

         3つ目の長いトンネルを抜けると鉄橋を渡った、11:18。

         ここも以前は鉄橋に併走して架けられてあった歩道用の鉄板を渡ったのだが、今は整備された鉄橋の上を歩けるようになっている。左岸に渡るとすぐにトンネルに入り、

         しばらく歩くと「親水広場入口」の標識に従って、廃線敷きの左へと入った、11:30。

         広場のあちこちでは昼食を楽しむ人で混雑していたが、テーブルになるような大きな石があったので、そこに荷を降ろして椅子を用意した。

         前日に用意していた惣菜を並べ、簡単な炒めものをとコンロも準備した。炒めものは定番の山芋とししとうだが、外での火器を使った料理は美味しいとマダムも喜んでいた。

         いつもの山歩きグループだと多量のアルコールを飲むのだが、お酒を飲まないマダムが相手だと、さすがに喉を潤す程度しか飲めないものだ。食事が終わるとすぐに片付けが始まった。

         13:30、広場を出発。最後のトンネルを抜けるとすぐ先で廃線敷きが終わった。

         武田尾駅に着くと本日のウォークは終了、13:55。

         次は、いよいよ山歩きに挑戦だ。

        | sallynote | 山・マダムと歩く | 20:16 | comments(0) | - | - | - |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE