Sally's High Tension

全国聴覚障害公務員研修討論集会【2012.11.10】
0
    JUGEMテーマ:日記・一般
     

    2012年11月10日(土)と11日(日)の2日間、「第21回全国聴覚障害公務員研修討論集会」が姫路市で開催され、聴覚障がいのある職員と一緒に仕事をしている私に、M氏からお誘いがあって参加してきました。参加者は60数名だとか。主催する日本聴覚障害公務員会(略称は「聴公会」)との関わりは、8年前に西日本聴公会の春企画(京都)に参加したのに続いて2回目でした。

    前回は、今一緒に仕事をしているYさんに誘われて参加し、Yさん以外は知らない人たちばかりで少々圧倒されたことを思い出しました。当時はまだ、手話も未熟だったこともあり、全部理解できたと言える状態ではなかったです。

    今回は、1日目に開催されたパネルディスカッションと分科会、そして夜の交流会に参加してきました。顔見知りのMさんやYさんたち以外に京都で会った人たちからもあいさつされて、随分と緊張がほぐれ、前回とは違う感覚(=違和感なく自然体で馴染めたこと)に自分自身でも驚きました。

    聴覚障がい者といっても、ろう者(生まれながらに音を知らない人)、難聴者(程度の差はあるが少しは音が理解できる人)、途中失調(途中から聴覚障がいをもった人)などその形態は様々です。また、補聴器に頼る人や手話に頼る人、文字に頼る人、手話の分からない健聴者などなど、参加者も多種多様で、情報保障という面でも手話通訳(音声⇒手話と手話⇒音声の2種)、要約筆記(パソコンとプロジェクターによる文字情報の表示)、磁気ループなど多様な形態があります。私は、今回初めて「磁気ループ」という情報保障を知りました。これはアンプのような機材から伸びた長いシールドの輪に補聴器を付けた人が入ると、補聴器から聞こえる音量が大きくなるというものだそうです。

    パネルディスカッションでは、東京都で初めて聴障者として採用された当会の初代会長N氏と、聴公会立ち上げから現在に至るまで東京で中心的に活躍されているO氏をパネラーとして、現聴公会会長のH氏によるインタビュー形式で進行されました。当会の歴史や聴覚障がいのある公務員が抱えている問題点などがよく理解でき、お話も楽しく聞かせていただき、親近感の持てる雰囲気に、あっという間に終わったという感じでした。

    次の分科会では、第一分科会(4人の聴覚障がい職員の昇進事例報告及び質疑応答)に参加し、聴障者職員に共通してある悩み(会議における問題点)に、会議の通訳に苦戦している私にも共感できる話が多く、参加してよかったと思いました。

    夜の交流会では、講師をはじめ初対面の人たちが次々と私の席に来られて、いろいろと話しかけてくれたことも嬉しかったし、特にみんなから手話を褒められたことが嬉しかったです。勢いで二次会まで参加し、健聴者・聴障者の壁を感じることなく旧友のように交流できたのが何よりの収穫だったと思いました。

    その夜は、姫路のホテルに宿泊。二日目の総会〜姫路城観光には参加せず、姫路駅構内にある名物「駅そば」(350円)を食べて帰ってきました。

    残された人生で、覚えた手話が役立てばいいなと思っています。

    | sallynote | 手話 | 11:10 | comments(0) | - | - | - |
    何かを感じてください! 【2009.03.19】
    0
      今日は、公休日。しばらく会ってないAさんに元気にしているのかと思い、久しぶりにメールしました。Aさんは私の手話の先生で、聾者です。生まれながらに音のない世界で生きてきた人で、結婚されて3児の母。末っ子がこの春から高校生になるそうです。

      すぐに返ってきた彼女からの返信を読んで、私はなんとも言えない感覚に襲われました…。

      『…(略)…。今朝(出勤途中)、梅田で見知らぬ男性会社員から何度も蹴られて、気分が悪いです。…(略)…。』

      私はすぐにその状況を想像することができました。

      おそらく…
      彼女のバッグか何かがその男に接触したのか、男はきっと彼女に何かを注意したのだと思います。けど何も聞こえない彼女には、視界の範囲外のところからかけられた言葉に気づくはずもありません。そのまま普通に歩いていたのでしょう。そこで男は、(外見では聴覚障害者だとは分からない)彼女に無視されたものと思い込み、キレたのでしょう。

      たぶん大声で彼女に罵声を浴びせたのだと思います。それにも気づかず歩いて行こうとする彼女に、
      『なんと失礼な奴。どこまでバカにするのか…』 と逆上してしまったのでしょう。もし相手が強そうな男ならそこまではしなかったと思うけど、相手は小柄な女性。強気になった男は、安心して暴行に及んだのだと思います。

      一方、いきなり背後から蹴られて驚いた彼女が振り返ると、そこには鬼のような形相で何かをわめきながらまだ蹴ってくる男。何でこんな目に合わされるのか相手に聞くこともできず、男が何を言っているのかも分からない…。ただ怯えて逃げるようにその男から離れたのだと思います。

      私のこの想像、大袈裟だと思いますか?

      私はそのメールを読んで、誰にぶつけていいのか分からない憤りが沸々とこみ上げてきました。その思いを彼女に返信したのですが、そのことについてのコメントは返ってきませんでした。きっと、そんな経験を今まで嫌というほど味わってきたのでしょう。

      これまで、彼女がぶつけてくる愚痴の端々に、すべての聞こえる者に対する不信感が見え隠れしていました。手話を、聴覚障害者を、彼女を、それなりに理解している(つもりの)私までを含めて不信感を持たれるのに、それはないやろ…、と思っていたのですが、今日、もろくもへし折られました。

      縁があって少しは彼女を理解していると思っていた私は、結局彼女に何もできない、ということを見せつけられた思いをしています。私に何ができる…?

      いろいろ考えた挙句、このことを少しでも多くの聞こえる人たちに知ってもらおう。そして聞こえない人たちが私たちの周辺にも普通に生活しているのだ、ということを広めよう。そう考えて今回の掲載を決意しました。

      もし何かでキレそうになったら、キレる前にこの話を思い出してください。そして少しでも手話に興味をもってもらえるのなら、是非、積極的に手話を覚えてください。

      一歩外に出たなら、音を聞くことができない彼らとどこで出会うか分からないけど、彼らも私たちと一緒に生活しているのだということを理解してください。この世界は聞こえる者たちだけのものではないことを理解してください。

      もし、今日梅田で女性を蹴りつけた記憶のある方がこれを読まれたら、彼女の気持ちを少しでも想像してみてください。

      そして聞こえる人たちに…、今日彼女が味わった『気分が悪くなる経験』について、何かを感じてください!

      山歩きの途中ですれ違う相手に交わすあいさつ。たまに声をかけても返ってこないときがあるけど、今の私はムッとすることはないです。
      | sallynote | 手話 | 15:53 | comments(0) | - | - | - |
      趣味って…【2006.10.26】
      0
        最近、ぴーまんの紹介で『mixi』でも遊び始めたけど、まだ全体像が把握できずなんかモタモタしてます。mixiは紹介がないと入れないし、基本的には身元の分かるシステムだからあんまり無責任なこともできず、利用者側からすると安心感があっていいのかな、っていう感じがします。

        その中で「友人を検索する」っていう機能があって、『手話』というキーワードで登録者を見てみると結構たくさんいるのにびっくり。聴障者(聴覚障害者)はもちろんのこと、手話サークルや手話勉強中みたいな…。

        で、いろいろ見ていると、プロフィールの「趣味」という項目に「手話」って書いてる人が実に多いこと…。ちょっと悲しかったな…。

        手話は、聴障者同士や聴障者と健聴者が意思疎通を図るための大切なコミュニケーションの手法でしょ? 聞こえてる人が当たり前に声を通して言葉を交わすのと同じように、手話は聴障者にとってコミするための大切なものでしょ?
        もし仮に日本語を勉強中の外国人に、
        「あなたの趣味は、何ですか?」 って聞いたら、
        「ハイ ワタシノ シュミハ ニホンゴ デス」 って、変やと思わへん?

        これは大体想像つくことだけど、健聴者の多くは手話の本当の意味よりも、自国以外の言語を覚えてそれが通じたときの喜びみたいに、新たに覚えた手話でいろいろ表現できることに喜びを感じてるんだと思います。

        まぁ私も最初はそぉだったからあんまり偉そうなことは言えないけど、まず聴障者側の気持ちに立って手話を考えられるよぉになったらなぁって思います。


        手話を勉強中の健聴者の方たちへ…。

         〜蠎蠅隆蕕鮓てください。
        手話は聴障者と意思疎通を図るための大切な手法です。声として発する言葉には感情が込められています。けど聞こえない彼らには表情のない手話だけでは感情が伝わりません。聴障者たちとコミをしようと思うなら、まず相手の顔を見てください。少し大げさになってもいいから顔や身体に感情を付けて手話ってください。

        ◆,海世錣蠅垢ないでください。
        健聴者の多くは、手話を覚えるのに文章にこだわりすぎる人があまりにも多いと思います。また手話の形にもこだわりすぎる人も多いようです。大切なことは「伝えたい」と思う気持ちです。また相手が何を伝えようとしているのかを「理解しよう」と思う気持ちです。少々手話を間違えても伝えたいと思う気持ちさえあれば結構伝わるものです。手話通訳という仕事でないかぎり、こだわらないでコミを楽しんでください。

         情報不足だということを理解してください。
        私を含め、当たり前に音のある世界で生活している健聴者たち。けど音のない世界に暮らす聴障者たちは、聞こえないハンデ以外にも情報不足というハンデを持っています。例えば、電車が遅れているときはその状況を駅や車内で放送されますが、なかなか来ない(動かない)電車にただ苛々するだけでその見通しすら把握できない彼ら…。これはほんの1例です。

        ぁ仝瀕感を分かってください。
        聞こえる人中心の世界に住んでいる聴障者たち。何気ない職場の日常会話に笑いが起こっても聴障者には何が面白いのかまったく理解できません。その会話にすら入れず、孤立感に苛まれることがどれほど辛いか想像してみてください。みんなと一緒に笑いたいって思うことが無理な望みなんでしょうか? 会議にすら入れてもらえない人も多いようです。

        ァ 崋袁辰瓦辰魁廚麓袁辰魍个┐襪泙任砲靴討ださい。
        手話でお芝居をしたり、落語をしてみたり、歌詞を手話で表したり、と私も最初は覚えるために遊びの要素を取り入れて勉強していました。けど遊びが目的になっては、いったい何のために手話を勉強しているのか分かりません。遊び目的の人がきっと「趣味」だと思っているんでしょう。ある程度手話でコミができるようになったら、聴障者たちとお話をしてください。そして聴障者のお友だちをつくってください。

        少し偉そうなことを言ってしまったのかもしれませんが、せっかく手話を覚えようと勉強してるんだったら、決して手話を趣味にしないでください。お願いします。

        そして手話を覚えた健聴者のみなさん。聞こえる世界と聞こえない世界の『壁』(実際には存在しないのかもしれませんが)を少しでも取り除くために手話をお役立てください。
        | sallynote | 手話 | 06:10 | comments(0) | - | - | - |
        通訳を…【2005.12.16】
        0
          雪の金剛山に登る前日の忘年会は、10数年前のある研究グループの同窓会やったんよ。結構懐かしかったし、面白い話やマジな話など、あっと言う間に会は終了したんよ。お開きのあと、3人がタクシーでJRの駅へ。

          で、サリーが改札を通り過ぎたとき、駅員に何か猛烈に抗議をしてはる男性がいてたんよ。それも手話でね。駅員が困ってるみたいやったから思わず通訳を…

          話を聞いてみたら、その男性は
          「三宮までのICOCAの定期券を持ってるのに改札が閉じてしまいよる」 っちゅうて怒ったはるんよ。で、サリーに閉じるところを再現してくれはったんやけど、よぉ見たら普通の定期券を入れるところにICOCAカードを突っ込んではるんよ。そら閉まるわ。

          その男性に、
          「そらあんたが間違ぉうてるんやで。ここにカードを触れるだけでええんやで」 って教えると、今度は、
          「あの駅員の説明が気に入らん。ちゃんと教えてくれたらええのに」 と今度は対応の悪さに不満たらたら…。一応、彼の言い分を駅員に通訳したら、駅員もその男性に頭を下げはったんよ。

          ところがこの男性、酔っ払ってるもんやさかい、同じ話をサリーに何べんもしてきよるんや。最初のうちはちゃんと話を聞いてたんやけど、一向に終わる気配がないもんやさかい、とうとうサリーは、
          「あんたが間違ぉてたんやし、駅員も謝ったはるんやから、そのへんで我慢してもう帰ったらええやんか。ワシかて明日の朝、早よ起きんとあかんのや。もう帰るで。あんたも早よ三宮へ帰れ!」 と、こっちかて酔ぉてるからちょっとキツめに言うてやったんよ。

          けど、所詮は酔っ払い同士の会話のせいか、同じ話の繰り返し…。するとサリーの連れの一人が割って入ってきて、彼と駅員に強引に握手をさせてくれたんで、なんとかピリオドを…。

          最後には握手して、サリーに礼を言うて笑顔で帰りはったんよ。すると駅員がサリーのところへやってきて、丁重にお礼を…。

          一緒にいてたサリーの連れも、サリーの通訳振りにちょっとビックリやったみたい。

          いやいや、実践で通訳でけてよかった…(^o^)丿
          | sallynote | 手話 | 12:16 | comments(0) | - | - | - |
          手話・・・【2004.01.16】
          0
            最近、少し悩んでるんよ…。

            サリーが手話を始めたのは、今から5年前のことやった。「Fの会」自体は、サリーが始めた会で、最初のころは手話以外のテーマでいろんな勉強会をやってたんよ。

            それで、あるときK君が手話ができるってことを知って、サリーも手話には興味があったから手話を始めることになったんやけど、手話を覚えてみると、新たなコミュニケーションということもあって、結構楽しかったんよね。

            毎年、勉強会のしめくくりとして、手話による発表会も楽しみの一つやった。また、手話を通じた聴覚障害者との新たな出会いも、サリーにとっては楽しみやったんよ。でも、手話を覚えれば覚えるほど、聴覚障害者のこと、また自分を含めた健常者のこと、いろいろ考えるようになってきたんや。

            手話は、聴覚障害者にとって大切なコミュニケーションの手法や。健常者が覚えると、聴覚障害者とのコミュニケーションもできるようになる素晴らしい道具?やと思うようになってきたんよ。

            また、手話にとって大事なことは、お互いが相手の顔をみてコミュニケーションするってことも知った。健常者たちは、声が聞こえるから顔を見ぃひんかっても言いたいことが通じるけど、聴覚障害者にはそれがでけへんのよ。『ことば』自体は手話で表現できても、感情までは伝わらへんから、表情やしぐさを付けて表現する。そやから、相手を見てへんと言いたいことや感情が伝わらへん。

            けど、これは健常者同士でも言えることで、コミュニケーションはやっぱり相手の顔を見るってことが大切なんやって、手話に教えられたんや。人が話してるときに、そっぽを向かれてたらあんまりえぇ気がせん。それに、人の顔って正直やってこともわかってきたんや。

            それと、手話を覚えるうえで聴覚障害者のことを理解するってことも当然必要やと思ってくるよぉになってきたんよ。手話を使って、お芝居や寄席ごっこみないな遊びに使ってたことが、なんか恥ずかしなってきたんよ。確かに、健常者が手話を覚えるという意味では一つの方法かもしれんけど、「Fの会」はどぉも違う方向に進んでるんかなと思い始めてきたんよ。

            健常者たちは、普段、音のある世界をあたりまえに生きてる。まぁ、当然かもしらんけど、少なくとも手話を学ぼうかっていうんなら、聴覚障害者のことももっと知る必要があると思うんよ。

            例えば、歩行中に自転車や自動車が後ろから急に現れたら、誰でも驚くと思う。運転者はベルやクラクションを鳴らしてるつもりでも、聴覚障害者にはわからへんのよ。だから常に道の端っこを歩かんと怖い。電車が駅でもない所で停車したら、一体なにがあったんやろって気になる。けど車内放送では停車の理由なんかを伝えて、健常者だけがその状況を把握できてる。聴覚障害者にはいかに情報が伝わってないかってこと、もっと知る必要があると思うんよ。まして手話を勉強しよかって人やったら…。

            で、「Fの会」の新年会にこないだ行ってきたときのこと。聴覚障害者は3人参加してくれてはった。見てたら、健常者同士での会話は、ほとんど手話を使わんと話してるんよ。そやから聴覚障害者はその会話には入っていかれへん。冗談を言って健常者が笑っても、聴覚障害者には何が面白いんかわかれへん。なんで笑ってるんやろぅ…。そやからできる限りサリーが通訳したんやけど、10人ほど集まったみんなの会話は全部伝えられへん。

            せっかく手話を勉強する会やったら、聴覚障害者のことをもっと伝えたいと思ったけど、他の連中にはどぉもサリーの思いが通じへんかった。今後の勉強会のことが話題にあがったけど、サリーだけが浮いてるよぉな感じやった。こんな会やったら、聴覚障害者はこれからあんまり参加してくれへんよぉな気ぃがするんよ。

            この会は、まだ「手話ごっこ」が続くんやろか。初心者には確かに入っていきやすいと思うけど…。サリーが作った会やけど、サリーの居場所がなくなったよぉな気がするんよ。

            ぴーまん事務所での手話教室は、そんなふうにならんよぉに気をつけるけどね。
            | sallynote | 手話 | 18:40 | comments(0) | - | - | - |
            手話実践
            0
              土曜日に市民まつりで、頼まれもせんのにボランティアしてきたんや。その日はサッカー帰りで特に予定もなかったから、知り合いの多かったまつり本部でたむろしてたんよ。

              いやぁ、人の多いこと、多いこと。いろんな人が家族連れや友達連れで遊びにきてはったなぁ。その日はお天気やったし、少し暑いくらいやったけど、差し入れのビールが美味かった。

              少し酔いも手伝って友達とわいわい言うてたら、本部の人が私を呼ぶんよ。
              「ちょっと、聞いたってんか。」
              何かと思ったら、聾唖者の男性が何やら尋ねてるみたいやった。

              サリー > どうされましたか?
              男性  > ○○市聾唖者協会のバザーはどこにあるんですか?
              サリー > 少し待ってくださいね。
              男性  > 代表者の名前は、確か△△さんと言います。
              サリー > 探してみるので、ちょっと待ってくださいね。
              ・・・ どうも、ないようですね。
              男性  > 去年は出展していたんですけど、そうですか。
              分かりました。ありがとうございました。
              サリー > いえいえ。さようなら。

              初めて手話が役に立ったんよ。いや、ほんまに嬉しかったなぁ。手話をしてて一番不安やったことなんやけど、実践で手話が使えるんやろかってね。でも、その男性を前にして、サリーは緊張することもなく、ごく自然に会話ができたことが、すっごく嬉しかった。手話を勉強しててよかったぁ〜♪

              これからも、もっともっと手話を勉強しよっと。
              | sallynote | 手話 | 13:56 | comments(0) | - | - | - |
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << December 2018 >>
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + MOBILE
              qrcode
              + LINKS
              + PROFILE